爆竹で顎を吹き飛ばされた犬「こんなに辛い経験をしても人間を信頼しようと」(米)

爆竹で顎を吹き飛ばされた犬「こんなに辛い経験をしても人間を信頼しようと」(米)
顎の再建手術を受けた犬(画像は『The Animal Rescue Site 2019年9月4日付Facebook「“I would be lying if I said that late at night, I didn’t have awful thoughts as to what I would do to the people who commit such crimes.”」』のスクリーンショット)
メキシコで顎の半分を失う重傷を負いながらも必死に生き抜き、現在はアメリカの動物愛護施設で暮らす1歳の子犬のストーリーがFacebookに投稿され拡散している。その逞しい生き様から‟ブレイブハート(勇敢な心)”と名付けられた子犬にいったい何が起きたのか…。『The Animal Rescue Site』などが伝えている。

米・南カリフォルニアの動物愛護施設&サンクチュアリー「Saving Huey Foundation」の創設者トレイシー・リストラさん(Tracy Lystra)は今年4月、メキシコ・ソノラ州にある動物保護団体から1本の電話を受けた。爆竹らしきものを顎に巻かれ、鼻や顎半分が粉々に吹き飛んでしまったオスの子犬を助けて欲しいというものだった。

子犬の写真を見せられたトレイシーさんは、怪我のあまりの酷さに「これでは助からない。安楽死させたほうがいいのでは」と思ったそうだ。しかしわずかな望みを賭けたトレイシーさんは、メキシコのチャリティ団体に手術代などを負担することを約束し、友人に紹介してもらった現地のブリセノ医師に当面の治療を任せることにした。せめてもの救いは子犬が残された顎でなんとか食事ができることだった。

子犬は‟ブレイブハート(Brave Heart)”と名付けられ、火傷で壊死した組織を取り除き、4回の手術で顔が再建された。吹き飛んでしまった部分には義顎が用いられ、ブレイブハートは新しい顔を手に入れた。病院での回復には2か月を要したが、持ち前の人懐っこい性格も表に出すようになり少しずつ元気を取り戻していった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年9月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら