「私が操縦します」英航空機、不在パイロットに代わり搭乗客が目的地へ運ぶ

「私が操縦します」英航空機、不在パイロットに代わり搭乗客が目的地へ運ぶ
不在パイロットの代わりに操縦したのは…(画像は『Manchester Evening News 2019年9月4日付「Family’s easyJet holiday flight is delayed - so dad flies the plane to Spain himself」』のスクリーンショット)
このほどイギリスの航空会社「イージージェット」のフライトが、パイロット不在によりキャンセルになりそうだったため、同便の男性乗客が操縦の資格があると名乗り出て、代わりに操縦桿を握ることとなった。『New York Post』『Metro』『Manchester Evening News』などが伝えている。

今月2日、英マンチェスター空港からスペインのアリカンテ=エルチェ空港に向かうイージージェットの旅客機の出発が2時間ほど遅れていた。この便に乗務する予定のパイロットがフランスでの航空管制システムの障害により、同空港への到着が遅れていたことが原因だった。

このままパイロットの到着が遅れた場合、その便は欠航される可能性もあった。当然のことながら乗客の誰もが欠航を望んでいない。その中で乗客達の救世主になったのが、旅行でスペインに向かうため家族と一緒に同便を利用するマイケル・ブラッドリーさん(Michael Bradley)だった。

ブラッドリーさんはイージージェットに電話をかけ、このように告げた。

「便の出発が遅れているので空港で立ち往生しているんだけど、もしかしてと思って念のためにライセンスカードを持ってきたんだ。それでこの飛行機だが、私が操縦して構わないだろうか? 私は家族と一緒にどうしてもバケーションに行きたい。もしOKなら、私のほうはいつでも準備ができている。」

実はブラッドリーさん、イージージェットの現役パイロットで休暇を使って家族旅行に向かう最中だった。自宅を出る際にフライトの遅れを既に知っていた彼は、念のためライセンスカードとパイロット用の靴を履いてきていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年9月10日の国際総合記事
「「私が操縦します」英航空機、不在パイロットに代わり搭乗客が目的地へ運ぶ」の みんなの反応 16
  • 匿名さん 通報

    休暇中とは社員だろ?それほど騒ぐ話でもないと思うが…。他社の社員でこの機体のライセンスがあって、搭乗時間は1時間を超えますとか言って操縦してたらあらゆる意味でぶっ飛ぶけどな。

    36
  • 匿名さん 通報

    普通だろって意見があるが、それが普通だったら拍手や称賛は起らないだろ。従業員の権利より会社の運営が優先される日本が異端なんだよ。こんな土壌だからブラック企業が栄える。

    17
  • 自称、航空ファン 通報

    この場合、パイロットは2人必要と思われます。よって、1人の補充となったんですね。

    15
  • 匿名さん 通報

    同じ会社のパイロットが乗ってたって事か。 他社だったら無理だよね。 素直に良い話だと思うわ

    8
  • 匿名さん 通報

    メーデーの視聴時間は1000時間を超えるベテランです(フラグ)

    7
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。