「私が操縦します」英航空機、不在パイロットに代わり搭乗客が目的地へ運ぶ

そして乗務予定のパイロットの代わりに、自分が操縦することを申し出たのだった。ブラッドリーさんが電話すると「確認するので待って欲しい」とのことで一度電話が切られたが、その38秒後に折り返しかかってきて「お願いです! 本当にお願いです! コックピットに入ってアリカンテまで飛行機を飛ばしてもらえますか」と懇願された。

これにより同便の乗客は無事、アリカンテへ向かうことができた。機内では乗務員からパイロットとしてブラッドリーさんのことが案内され、乗客からは拍手が沸き起こった。この時の機内アナウンスをある乗客が動画撮影しFacebookに投稿したところ、多くの人がブラッドリーさんを称賛し、中にはヒーローと呼ぶ人もいた。

なおイージージェットのスポークスマンから、休暇中にもかかわらず飛行機を無事アリカンテまで運航してくれたブラッドリーさんへ感謝を述べるとともに「彼はライセンスIDカードを所持していたため、規則に則った状態で飛行機を操縦しています。安全は私達にとっても常に最優先事項です」と声明があり、法的に許可されていた運航だったことを強調している。

画像は『Manchester Evening News 2019年9月4日付「Family’s easyJet holiday flight is delayed - so dad flies the plane to Spain himself」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年9月10日の国際総合記事
「「私が操縦します」英航空機、不在パイロットに代わり搭乗客が目的地へ運ぶ」の みんなの反応 16
  • 匿名さん 通報

    休暇中とは社員だろ?それほど騒ぐ話でもないと思うが…。他社の社員でこの機体のライセンスがあって、搭乗時間は1時間を超えますとか言って操縦してたらあらゆる意味でぶっ飛ぶけどな。

    36
  • 匿名さん 通報

    普通だろって意見があるが、それが普通だったら拍手や称賛は起らないだろ。従業員の権利より会社の運営が優先される日本が異端なんだよ。こんな土壌だからブラック企業が栄える。

    17
  • 自称、航空ファン 通報

    この場合、パイロットは2人必要と思われます。よって、1人の補充となったんですね。

    15
  • 匿名さん 通報

    同じ会社のパイロットが乗ってたって事か。 他社だったら無理だよね。 素直に良い話だと思うわ

    8
  • 匿名さん 通報

    メーデーの視聴時間は1000時間を超えるベテランです(フラグ)

    7
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。