米女子高生 母親の財布からカードを盗み両親殺害を依頼、逮捕

記事まとめ

  • 米フロリダ州の女子高生が、両親を殺害するために2人雇ったとして逮捕された。
  • 母親の財布からデビットカードを盗み、友人に400ドル、黒人の男に900ドル渡した。
  • 別の高校に通う友人が学校駐在警察官に暴露して事件が発覚、動機は捜査中だという。

母親の財布からカードを盗み、殺し屋に両親殺害を依頼した女子高生(米)

母親の財布からカードを盗み、殺し屋に両親殺害を依頼した女子高生(米)
殺し屋を雇い両親を殺害しようとした女子高生(画像は『PEOPLE.com 2019年9月11日付「Fla. Teen Allegedly Stole Parents’ Debit Card to Fund Murder-for-Hire Plot Against Them」(PHOTO:LAKE COUNTY SHERIFF)』のスクリーンショット)
10代の思春期には何かと親に反感を持ってしまいがちだが、殺害するほどまでの感情を抱くことはまずないだろう。だがこのほどアメリカで逮捕された17歳の少女は、殺し屋を雇うほど両親に憎しみを持っていたようだ。『PEOPLE.com』『New York Post』『Tampa Bay Times』などが伝えている。

今月9日、米フロリダ州レイク郡ウマティラ在住の女子高生アリッサ・ハッチャー(Alyssa Hatcher、17)がウマティラ警察に逮捕された。アリッサはその2日後、両親を殺害するために何者かを2人雇ったとして2件の殺人教唆罪で起訴され、裁判所に出廷している。

レイク郡保安官事務所によると、アリッサは母親の財布からデビットカードを盗み、ATMで500ドル(約54,000円)を引き出して100ドル(約10,800円)分のコカインを購入、残りの400ドル(約43,200円)を両親の殺害を引き受けてくれる者に払うため友人に預けたとのことだ。

その後、両親の殺害がなかなか実行されないことに業を煮やしたアリッサは新たに黒人の男に依頼し、デビットカードを使って900ドル(約97,300円)を口座に振り込んだ。しかしこのアリッサの悪事が明るみに出ることになる。

アリッサとは別の高校に通う友人が、学校駐在警察官にアリッサのことを暴露したのだ。その友人は「アリッサが両親を殺害するため、2人の殺し屋に大金を払った」と話していたという。これによりレイク郡保安官事務所の捜査が入ることとなった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年9月16日の国際総合記事
「母親の財布からカードを盗み、殺し屋に両親殺害を依頼した女子高生(米)」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    銃規制すれば良いのに。

    1
  • 匿名さん 通報

    北海道警は黒木昭雄氏を消した。その張本人は警察内部で異例の出世。山口敬之を不起訴にしたやつも異例の出世。

    0
  • 匿名さん 通報

    親の金で親を殺すだと、けしからん。せめて自腹で処理しろ。

    0
  • 匿名さん 通報

    中国では、毎年、1万人くらい臓器移植をしているそうだ。1週間以内に希望の臓器が供給されるらしい。恐ろしや、恐ろしや。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら