クリスティアーノ・ロナウド、貧しかった幼少期明かし「マクドナルドの女性店員に恩返しがしたい」

記事まとめ

  • クリスティーナ・ロナウドが元マクドナルド店員のエドナさんを探している。
  • 貧しかった幼少期、ハンバーガーの売れ残りを恵んでもらい「恩返しをしたい」という。
  • 「トリノかリスボンの自宅に招待してディナーをご馳走したい」とのこと。
ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、このほど英テレビ局『ITV』によるドキュメンタリー番組に出演した。52歳の若さで他界した父との関係や貧しかった子供時代について赤裸々に語るロナウドに、多くの視聴者が心を打たれたようだ。

現地時間17日、ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが英テレビ局『ITV』制作のドキュメンタリー番組『Cristiano Ronaldo Meets Piers Morgan』に出演した。

アルコール依存だった父親との確執や不遇な子供時代を度々明かしてきたロナウドだが、同番組で2005年に52歳の若さで他界した父ホゼ・ディニス・アヴェイロさん(Jose Dinis Aveiro)がロナウドの活躍を誇らしげに語る2004年の未公開映像が流れると、ロナウドは堰を切ったように泣き崩れた。司会のピアーズ・モーガンに涙の理由を問われると、

「今までこの映像は見たことがなかったんだ。」

「ナンバーワンになってたくさんの賞も受賞したけど、父がそんな僕の姿を見ることはなかった。」

と鼻をすすりながら答えるロナウドであった。

アルコール依存だった父親は「いつも酔っ払っていた」そうで、ロナウドによると「普通の会話をした記憶がない」とのこと。ポルトガルの貧しい家庭に育った彼は貧困にあえいだ子供時代についても触れ、11~12歳頃に空腹になると近所のマクドナルドへ行き、裏口のドアに回って「ハンバーガーは残ってないか?」と店から売れ残りを恵んでもらっていたというエピソードを披露した。

「エドナって子と、他に2人の女の子がいてね。とても優しい店員だったんだ。あの時以来会っていないけど、ポルトガルでいろんな人に彼女の消息を尋ねているんだ。」

「あのマクドナルドはもう閉店したし。でもこのインタビューがきっかけになって、彼女を見つけ出すことができたらすごく嬉しいね。トリノかリスボンの自宅に招待してディナーをご馳走したい。」

「あの頃の自分にとって、エドナの親切は本当にありがたかった。だから彼女に恩返しがしたいんだ。あの頃を忘れたことは今まで一度もないよ。」

そう語ったロナウドに対して、視聴者からは

「あんなに有名でリッチになっても、昔の恩を忘れないロナウドは素晴らしい!」

「なんて素敵なエピソードなんだ」

「エドナさんに会えるといいね」

といったコメントが多数寄せられた。

そして番組放送から一夜明けた翌18日には、司会のピアーズ・モーガンがTwitterを更新し「エドナさんらしき人が見つかった」と吉報をツイートした。20数年ぶりにロナウドがエドナさんと再会できるかもしれず、ファンはその報告を楽しみに待っているようだ。



画像は『ITV 2019年9月16日付Instagram「Five Ballon d’Or awards, four European Golden Shoes and one astonishing interview.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク