父親にワインを飲まされた2歳と4歳の姉妹 急性アルコール中毒に(ウクライナ)

父親にワインを飲まされた2歳と4歳の姉妹 急性アルコール中毒に(ウクライナ)
ワインを飲まされて入院した幼い姉妹(画像は『LADbible 2019年10月11日付「Two Girls Hospitalised After Father ‘Gave Them Wine’ Instead Of Milk」(Credit: TCH)』のスクリーンショット)
このほどウクライナ南部の村の道路上で、2歳と4歳の姉妹が倒れているところを近所の住人が発見した。姉妹は意識がなく危険な状態で、病院で急性アルコール中毒と診断された。警察の取り調べの結果、姉妹は父親からワインを飲まされていたことが判明し、このニュースは地元で大きく取り上げられて拡散した。

ウクライナのヘルソン州チャプリンカ(Chaplynka)にある村で10月3日、4歳のマリナちゃん(Maryna)と2歳のルダちゃん(Luda)の姉妹が自宅近くの道路で倒れているところを近所の住人が発見した。姉妹は昼食時にワインを飲んでおり、急性アルコール中毒を起こして危険な状態だった。

2人を発見したタチアナ・ショティックさんは、当時のことを次のように語っている。

「姉妹は身動き一つせず、揺り動かしても目を覚ますことはありませんでした。強いアルコール臭がしたので、すぐに救急車を呼びました。」

「その少し前に2人が家の近くで遊んでいるのを見かけたのですが、足元はふらつき、わけのわからない歌を歌っていました。変だなとは思ったのですが、きっと何かゲームでもしているのかとその時はやり過ごしました。2人はその時、ピンク色の液体が入った哺乳瓶を抱えていました。」

姉妹はその後、地元病院の集中治療室に搬送され、急性アルコール中毒と診断された。集中治療室長のセルゲイ・ミナエフ氏は「2人は昏睡状態で死の危険もありました。すぐに治療を開始し医師らが最善を尽くした結果、何とか危機を脱しました。幸いなことに今は安定しています」と明かした。さらに病院スタッフは「子供たちの身体にはノミがたかり、服は捨てざるを得ませんでした。髪の毛は絡まったまま固まっており、黒ずんだ皮膚の汚れを落とすのに2時間を費やしたほどです」と溜息交じりで述べたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年10月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら