5880グラムの赤ちゃん誕生 母「まるで小さなお相撲さん」

記事まとめ

  • シドニー郊外に住むカップルに体重が5880グラムの女児が誕生した。
  • 母親は「まるで小さなお相撲さん」と驚きの声をあげている。
  • オーストラリアで新生児の体重が4.5キロ以上は1.2%しかいないという。

5880グラムの赤ちゃん誕生に母は「まるで小さなお相撲さん」と驚愕(豪)

5880グラムの赤ちゃん誕生に母は「まるで小さなお相撲さん」と驚愕(豪)
5880グラムで誕生した女児(画像は『UNILAD 2019年10月13日付「Mum Gives Birth To ‘Mini Sumo Wrestler’ Baby Girl Weighing 13lbs」(Nine.com.au)』のスクリーンショット)
オーストラリアのシドニー郊外に住むカップルに今月初め、体重が6キロ近いビッグベビーが誕生した。カップルにとって3人目の赤ちゃんは女の子だが、母親は地元メディアのインタビューに応じ、「まるで小さなお相撲さん(mini sumo wrestler)」と驚きの声をあげている。

ニューサウスウェールズ州のウーロンゴン病院で10月7日、エマ・ミラーさん(27)が5880グラムの女児を出産した。エマさんは妊娠38週と2日で破水したため、第3子となったレミ・フランシスちゃん(Remi Frances)は緊急帝王切開での誕生となった。エマさんは4歳のエース君を3800グラム、2歳のウィローちゃんを5500グラムで出産していたが、レミちゃんの大きさにはさすがに度肝を抜かれたようで、地元メディア『Illawarra Mercury』に次のように語っている。

「私が妊娠糖尿病を患っていたので、赤ちゃんが大きいことはある程度予想できたのです。ただ妊娠35週目の超音波検査では4キロと言われていたので、まさかこれほど大きく成長しているとは思いもしませんでした。まるで小さなお相撲さんですよね。」

「レミを抱っこして病院を歩くとすぐに人だかりができました。助産師や赤ちゃんを産んだばかりの母親、そして病院を訪れた人など、みんながレミの大きさに驚いて話しかけてきたのです。『いったいどのくらい体重があるの』ってね。今回は破水するのが予定より早く、緊急帝王切開での出産になりましたが、自然分娩では私の身体が耐えられなかったでしょうね。ただレミには健康上なんの問題もなく、とても元気です。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年10月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら