このほどアメリカで飼い主と一緒にハイキングに出かけた大型犬が、その巨体ゆえに疲れて歩けなくなってしまい、救助隊の担架に乗せられて山を下りることとなった。人も犬も関係なく救助に向かったレスキュー隊に多くの人が称賛の言葉を送っている。『New York Post』『FOX59 News』などが伝えた。

今月13日、米ユタ州ソルトレイク郡のグランジャー・ピークの山へ、大型犬で3歳のマスティフの雄“フロイド”が飼い主と一緒にハイキングに出掛けた。ところが下山途中で飼い主とフロイドは道に迷って、ハイキングコースをはずれてしまった。

幸いハイキングコースに戻ることはできたものの、その頃にフロイドはすっかり疲れ果ててしまい、歩くことができずその場所から動けなくなっていた。フロイドは体重190ポンド(約86キロ)もあり、飼い主がフロイドを抱えて下山することは無理だと思われた。

この時フロイドの飼い主は、このまま置いていく気など全くなく山で一晩ともに過ごす覚悟でいたという。ところが同日午後6時半頃、この状況を目にした他のハイカーが警察に連絡をしてくれたおかげで、地元のレスキュー隊が救助に向かうこととなった。

この時点で気温は下りはじめ、肌寒くなっていた。フロイドと飼い主は山の麓から2マイル(約3.2キロ)ほど登った場所で待機しており、数人のレスキュー隊が彼らのところまで救助用の担架を持って向かった。現場に到着したレスキュー隊はフロイドを担架に乗せて5~6人がかりで運び、午後10時半頃には無事下山した。