7歳娘を重病で亡くした“悲劇”の母親、病気は嘘か 殺人容疑で逮捕(米)

7歳娘を重病で亡くした“悲劇”の母親、病気は嘘か 殺人容疑で逮捕(米)
娘(右)を病気に仕立て上げて殺害したとみられる母親(画像は『WPXI 2019年10月22日付「Colorado mom accused of killing daughter after faking years of ‘terminal’ illnesses」』のスクリーンショット)
アメリカで幼い娘を重い病で亡くした母親が警察の捜査により一転し、娘を病気に仕立て上げたうえに殺害した容疑で逮捕された。娘を思い、時には涙する姿を見せていた母親だったが、亡くなった娘は母親の主張する末期症状ではなかったという事実が次々と明らかになった。『WPXI』『TheDenverChannel.com』などが伝えている。

今月18日の朝、米コロラド州デンバーに住むケリー・レニー・ターナー(Kelly Renee Turner、41歳)が自分の娘を殺害した容疑を含む13の罪状で逮捕された。

ケリーの娘で2017年に亡くなったオリビア・ガントちゃん(Olivia Gant、当時7歳)は、末期のミトコンドリア神経性胃腸管系脳筋症、発達障害、自閉症、腸疾患、てんかん発作、水頭症などを患っていた。しかしこれは、ケリーが仕組んだ嘘である可能性が出てきたのだ。

オリビアちゃんは亡くなる前にバケットリストを作っていた。その中に「警察官と消防士になりたい」と記していたことから、2017年4月にデンバー警察署の協力のもとでオリビアちゃんは一日警察署長を務めており、警察官の制服を着用しパトカーに乗ることができた。

オリビアちゃんはその4か月後の8月20日に息を引き取ったが、もともとメディアに報じられていたこともあり、人々の目にケリーは娘を亡くした悲劇の母親として映ったようだ。だがそんなケリーが、警察の捜査対象になる。
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年10月26日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。