殺し屋が下請けを雇いその下請けがまた…5人の殺し屋と依頼した男が逮捕(中国)

殺し屋が下請けを雇いその下請けがまた…5人の殺し屋と依頼した男が逮捕(中国)
元請けと下請け、合わせて5人の殺し屋と殺害を依頼した男(画像は『ABC中文 2019年10月24日付「中国雇凶杀人转包案六名涉案人被判入狱」(Supplied: Nanning Intermediate People’s Court)』のスクリーンショット)
殺害の依頼を受けた殺し屋が下請けの殺し屋へ依頼し、またさらに下請けへといった多重下請けが行われたことで殺人の計画が警察の耳に入り、5人の殺し屋と殺害を依頼した男が逮捕され、最近の裁判で有罪判決が下された。中国で発生したまるでコメディーのような事件だが、命を狙われた本人は笑い事で済ますわけにはいかなかったようだ。『ABC中文』『Metro』『BBC News』などが伝えている。

2013年に中国の不動産開発業者のタン・ヨウフェイ(Tan Youhui)は、ライバル会社と法的な紛争があり、裁判で大きな損失が出ることを恐れていた。そしてタンは紛争の相手であるウェイ・モウ氏(Wei Mou)の殺害を決意し、殺し屋のシー・グワンアン(Xi Guangan)に200万元(約3070万円)でウェイ氏の殺害を依頼した。

ところが殺し屋のシーは自分の手を汚さず、ウェイ氏の殺害を別の殺し屋であるモ・テンシャン(Mo Tianxiang)に100万元(約1540万円)で依頼した。するとモは別の殺し屋ヤン・カンション(Yang Kangsheng)に27万元(約415万円)で依頼し、さらにヤン・カンションはヤン・グワンション(Yang Guangsheng)に20万元(約307万円)、そして最終的にリン・シェンスー(Ling Xiansi)に依頼され、リンは10万元(約154万円)で殺害を引き受けることとなった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「殺し屋が下請けを雇いその下請けがまた…5人の殺し屋と依頼した男が逮捕(中国)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    日本の暴力団は殺人依頼があるとそのごく一部だけを使って外国人に殺しをやらせるということだ。実行犯は即座に国外逃亡。

    0
  • 匿名さん 通報

    日本では芸者を殺した奴が海外逃亡して、その後政治家になっている。狂ってないかい。

    0
  • 匿名さん 通報

    山口敬之を不起訴にした張本人は異例の出世。総理の噛んだ犯罪として日本の歴史に永遠に刻まれる。

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。