今年も英誌『Heat』による英国の30歳以下のセレブ長者番付が発表された。これまで3年連続で1位の座に君臨していた歌手のアデルが31歳になったことで、昨年2位だったエド・シーランが1位の座を奪う形となった。


9400万ポンド(約131億円)を稼いだとして、昨年の英誌『Heat』による「英国の30歳以下のセレブ長者番付」で2位にランクインしていた人気シンガー、エド・シーラン(28)が、今年は収入をおよそ2倍の1億7000万ポンド(約238億円)に増やし、同長者番付で堂々1位に輝いたことがわかった。

エドの大幅な収入アップは、2017年3月から2年半におよび開催していた「Divide Tour」による功績が大きい。46か国175都市を訪れたエド、同ツアーの興行収入は7億7620万ドル(*約822億円)とも伝えられ、2009年~2011年に開催された「U2」の「The 360°Tour」が持つ7億3640万ドル(*約780億円)の記録を大きく更新、世界最高記録を樹立したと注目を集めた。(*8月の『Billboard』記事の金額をその時の為替レートで換算)

税金だけで590万ポンド(約8億円)を払ったとされるエドだが、同ツアーによる莫大な収益に加え、他アーティストへの楽曲提供や多数抱える自身のヒット曲から得られる印税など、複数の収入源からコンスタントに資産を増やし続けているようだ。

そして今年2位にランクインしたのは、『ハリーポッター』シリーズでおなじみの俳優ダニエル・ラドクリフ(30)。2001年~2011年に制作された過去8作の映画のすべてに主演したダニエルは、同シリーズからの収益で今年は9000万ポンド(126億円)を稼いだと伝えられている。


第3位は「ワン・ダイレクション」の活動休止後もソロシンガーや俳優として活躍を続けるハリー・スタイルズ(25)だ。およそ6400万ポンド(約90億円)と言われる収入の内訳には、2017年~2018年に開催したワールドツアー「Harry Styles: Live on Tour」による1200万ポンド(約16億8000万円)や、グッチの広告塔就任で手にした800万ポンド(約11億2000万円)などが含まれるという。

『ハリーポッター』シリーズで活躍した女優エマ・ワトソン(29)は同シリーズの収益に加え、映画『美女と野獣』(2017年)の出演料などを合わせた5700万ポンド(約80億円)で第4位にランクイン、ハリー同様「ワン・ダイレクション」のメンバーであるナイル・ホーラン(26)は5480万ポンド(約77億円)で第5位に、人気ガールズグループ「リトル・ミックス」は5000万ポンド(約70億円)で昨年同様、今年も第6位に食い込んだ。

「ワン・ダイレクション」の他のメンバー達の健闘ぶりが気になるところだが、ルイ・トムリンソン(27)は4600万ポンド(約64億円)で第7位、リアム・ペイン(26)は4400万ポンド(約61億円)で第8位、元メンバーのゼイン・マリク(26)は3800万ポンド(53億円)で第10位と、今年も全員がトップ10入りを果たした。

またエマ・ワトソンや「リトル・ミックス」同様、女性でトップ10入りを果たしたのは、昨年の第14位から今年第9位へと大きくジャンプしたカーラ・デルヴィーニュ(27)だ。英国貴族の血を引く正真正銘の“お嬢様”であるカーラは、モデル業のほか不動産開発に携わる一家のビジネスにもディレクターとして関わっており、今年は双方から合計約3950万ポンド(約55億円)の収入を手にしたとされる。


今年は31歳になったアデルが抜け、カーラ・デルヴィーニュが新たにランクインした以外は、昨年と同じ顔ぶれが並ぶ結果となった。来年はダニエル・ラドクリフが31歳になるため、上位3人のランキングに少しばかり変動が見られることが予測される。

画像は『Ed Sheeran 2019年10月9日付Instagram「BTS from the South Of The Border video shoot」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)