ケーブル泥棒が感電死 架線柱で黒焦げの遺体が見つかる(南ア)

ケーブル泥棒が感電死 架線柱で黒焦げの遺体が見つかる(南ア)
ダイヤが大幅に遅れる原因になった遺体(画像は『Yusuf Abramjee 2019年10月25日付Twitter「Body on mashpole between Phillipi train station and Ntanta junction Cape Town.」』のスクリーンショット)
南アフリカではケーブル泥棒が多発しており、朝夕のラッシュ時にもかかわらず列車が来ないことも度々起こっている。しかし泥棒も命がけのようで、このほどケーブルに触れて感電死した男の遺体が発見された。『News24』などが伝えている。

南アフリカ・ケープタウンのタウンシップを走る路線、ニャンガ駅とフィリピ駅の間にある架線柱の上で黒焦げの遺体が見つかった。西ケープ州警察のシヤボンガ・マロ氏によると、男は線路の上にある架線を盗むために柱を登り、ケーブルを切断しようとした時に感電したそうだ。この遺体発見によりダイヤが大幅に乱れることとなったが、男の身元は今も分かっていないという。

感電してからしばらく経っていたと思われる遺体の写真がSNSに投稿されると、「この男はどうやってここに登ったのだ?」「モニュメントとして置いておけばいい」などのコメントが見受けられた。

フィキレ・ンバルラ(Fikile Mbalula)運輸大臣は、かねてから車両の破損やケーブル泥棒の取締りに非常に苦労していることを語っており、その後は対応策を次々に発表している。

今年7月には、「Prasa(南アフリカ旅客鉄道公社)」が新しく警備会社と実績ベースによる契約を交わしている。これは列車のシートなどを破壊する行為や、ケーブルなど窃盗事件の減少を目的としたものだ。また監視カメラなどに関しても性能の高い機器の導入を図っており、警備員で補いきれない個所をカバーすることが可能だという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。