2つの顔を持つネコ 生後4カ月を迎える

記事まとめ

  • ヤヌスネコのデュオが生後4カ月を迎え、話題となっている。
  • 2つの顔を持つヤヌスネコは誕生後数日しか生きられないことが多い。
  • 成長や精神面に遅れが見られるが、撫でてもらうのが好きだという。

2つの顔を持つネコ 獣医のもとで生後4か月を迎える(米)<動画あり>

2つの顔を持つネコ 獣医のもとで生後4か月を迎える(米)<動画あり>
2つの顔を持って誕生したネコ(画像は『Duo the two-faced cat 2019年11月3日付Facebook「Well on our way during the move from NY to CA. We are somewhere in Colorado and I got a call from a local rescue.」』のスクリーンショット)
ローマ神話の双面神ヤヌスにちなみ、2つの顔を持つネコは「ヤヌスネコ」と呼ばれている。誕生後数日しか生きられないことが多いが、米カリフォルニアで暮らすメスのヤヌスネコ‟デュオ(Duo)”が生後4か月を迎えて話題になっている。『PEOPLE.com』『Inside Edition』などが伝えた。

先天性の顔面重複奇形を持つ‟デュオ”は2つの顔と鼻と口、そして4つの目を持っており、誕生後すぐに母ネコに拒絶された。哺乳瓶からミルクを飲まないデュオを心配した飼い主は、友人で獣医のラルフ・トランさんに連絡を取り、デュオを引き取ってもらうことにした。

引き取ってから4か月が経ち、これまで獣医としてできるだけのケアをしてきたラルフさんは、デュオについて次のように語っている。

「デュオのケアはとてもやりがいがあることですが、難しくもあります。デュオがやってきたばかりの頃は、チューブや注射器を使って食事を与えていました。最近になってようやく自分で餌を食べることができるようになりましたが、デュオの口は両方とも機能しているので、2つの口が餌を食べようとするのです。そのため餌が顔の中心にある目やおでこにべっとりとくっついてしまい、おでこの一部は禿げ上がってしまいました。体重は同じ月齢のネコに比べると半分ほどしかありません。」

「2つの口がニャンと鳴くタイミングも違います。鼻も両方とも機能しているのですが、真ん中の大きな目は見えておらず感染症の原因となるので、デュオがもう少し大きくなったら摘出手術が必要です。またデュオは呼吸器の感染症を起こしたため、そのための治療も必要でした。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年11月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。