誤って捨てた婚約指輪、処分場で10トンのゴミの中から発見される(米)

誤って捨てた婚約指輪、処分場で10トンのゴミの中から発見される(米)
婚約指輪が埋もれる寸前だったゴミ処理場(画像は『WFAA.com 2019年11月7日付「‘One in a million’: Alvarado landfill crew finds woman’s engagement ring that was mistakenly tossed」(Jennifer Prohov/WFAA)』のスクリーンショット)
婚約指輪はプロポーズでの思い出が詰まったものとも言えるが、このほどアメリカでその大事な婚約指輪を誤って捨ててしまった女性がいた。女性が気づいた時には既に指輪の入ったゴミ袋は埋立処分場へと運ばれていたが、指輪は女性のもとへ無事に戻ってきたという。『PEOPLE.com』『WFAA.com』が伝えている。

米テキサス州ワクサハチー在住のネリー・キャビーンさん(Nelly Cabeen)は今月1日、大事な婚約指輪を無くしたことに気づいて顔面蒼白になってしまった。その婚約指輪は5年前に夫がプロポーズをした時にくれたもので、彼女にとって宝物である。

ネリーさんは夫との旅行から帰る際、大切な婚約指輪を封筒に入れていたのだが、その封筒を誤ってゴミとして捨ててしまったのだ。どうやらネリーさんは、自宅に戻った時に夫が指輪を安全な場所に保管したと勘違いし、封筒は空だと思いこんでいたようだ。

そして指輪が見当たらないことで、封筒に入れたまま捨ててしまったことに気づいたのだが、すでに指輪の入ったゴミ袋は収集トラックに運ばれていた。ネリーさんはすぐに同州のアルバラードにあるターキー・クリーク埋立処分場へ連絡を入れ、指輪のことを話した。

連絡を受けた埋立処分場の特別廃棄物コーディネーターであるカレン・フラーさん(Karen Fuller)は、ネリーさんに「その指輪が見つかる確率は100万分の1程度でしょう」と告げた。カレンさんが言うのも無理はなく、この処分場には毎日250~300台の収集トラックがゴミを廃棄しにやって来るが、1台のトラックには5~10トンものゴミが積まれているそうだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年11月17日の国際総合記事
「誤って捨てた婚約指輪、処分場で10トンのゴミの中から発見される(米)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    奇跡ってあるんだね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。