池で溺れて亡くなった男性、友人らは助けることなくスマホで動画撮影(印)<動画あり>

池で溺れて亡くなった男性、友人らは助けることなくスマホで動画撮影(印)<動画あり>
溺れて死亡した19歳男性、友人ら誰一人助けることなく(画像は『New Indian Express 2019年11月17日付「Kalaburagi: Youth drowns in pond, friend records incident」』のスクリーンショット)
昨今のSNS普及のせいか、事故現場など他人が危険な状態に陥っても、助けの手を差し伸べるより真っ先にスマートフォンで動画を撮る人が少なからずいる。このほどインドで男性が池で溺れたが、友人らは救助することなく男性の溺れる様子を動画撮影していた。『New Indian Express』『The Times of India』『UNILAD』などが伝えている。

インドのカルナータカ州グルバルガ地区にある池で今月15日、ジャファー・アユーブさん(Jaffer Ayub、19)が遊泳中に溺れて亡くなるという痛ましい事故があった。ジャファーさんが溺れた時、その場にいた友人や他の人もスマートフォンでその様子を撮影しており、SNSで動画が拡散された。

ジャファーさんはその日、友人2人と池に来ていたが、動画には岸から勢いよく池に飛び込むジャファーさんの姿があった。しかし彼は泳ぎがあまり得意ではなかったようで、水面で頭を浮き沈みしながら弧を描くように泳いでいた。そして必死に岸の方へ戻り、池から上がろうとした直前に体を沈ませまいと両手をバタバタさせた。

するとジャファーさんは疲れ果てたのか、体が直立したまま水中に浮き沈みするようになった。岸にいた1人の友人が一度手を差し伸べたが、時すでに遅くジャファーさんの体は水中に沈んでしまった。その間、もう1人の友人は沈むジャファーさんの姿を動画撮影し続けた。

『UNILAD』によると池には他にも何人かいたようだが、ジャファーさんを助けようとした人は誰一人としておらず、ただ傍観していたという。ジャファーさんが水面に上がって来なくなって初めて友人2人は周りに助けを求めたようだ。ジャファーさんはのちに数人の通行人によって池から引き上げられたが、すでに亡くなっていたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「池で溺れて亡くなった男性、友人らは助けることなくスマホで動画撮影(印)<動画あり>」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    日本と同じだな。交通事故や鉄道事故があると救助は一切せず、スマホで撮影、得意げにネットで公開。馬鹿の国になってしまった日本。

    4
  • 匿名さん 通報

    豊田商事会長が刺殺された時のマスコミと一緒だね。多数の報道陣がいたのに誰一人助けることなく刺されて亡くなっていくのをカメラで中継し続けてた。

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。