『リカ』に視聴者爆笑 ターミネーターばりの走りに高岡早紀「どうだった~? リカの走りっぷり」

『リカ』に視聴者爆笑 ターミネーターばりの走りに高岡早紀「どうだった~? リカの走りっぷり」
「いっぱいいっぱい走りました!」とリカ役の高岡早紀
愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない純愛モンスター「雨宮リカ」を描くオトナの土ドラ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系)。狂気の主人公“自称28歳”雨宮リカを高岡早紀(46)が好演しているが、23日放送の第7話ではサイコスリラーにもかかわらず爆笑する視聴者が続出したのだ。ネット上ではこれに「伝説のシーン」という声もあがっている。

第1部では看護師のリカが手に入れたい男性は医師・大矢昌史(小池徹平)だった。だが大矢が亡くなったため、11月9日から開始した第2部ではリカの標的は映画プロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)に。一方的に“運命の相手”と思い込んだリカは、隆雄にアプローチし始める。

しかし隆雄には別居中とはいえ愛する妻子がいて、リカの激しいアプローチが迷惑で仕方ない。“運命の相手”と信じているリカは隆雄の言葉にはまったく耳を傾けず、たとえばリカを避けるため隆雄は携帯電話の番号を変えるが、意に介さないリカはなぜ自分に新しい番号を教えてくれなかったのかと隆雄に聞く始末だ。

そんな狂気のリカに爆笑シーンなど出てくるとは思えないが、視聴者の予想を裏切りそのシーンは突然登場した。第7話でドレッシーなワンピース姿のリカが隆雄を待ち伏せ。リカから逃げようと隆雄はタクシーに飛び乗る。「とりあえずまっすぐ行ってください」と運転手に告げ、無事に逃げ切ったかと思った隆雄。ところが隆雄が後ろを振り返ると、なんとリカが走ってタクシーを追いかけてきているのだ。「ええっ!」と隆雄は恐れおののくが、リカは腕をぶんぶん振りながらザッザッと綺麗なフォームで走ってくる。しかもぐんぐんタクシーとの距離を縮めてきて、隆雄は思わず「早く! もっとスピードを上げて」と運転手に叫ぶ。リカは息も切らさず走り続け、どんどんタクシーに近づき、そしてタクシーが信号で停止すると―。

あわせて読みたい

高岡早紀のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高岡早紀 + 保阪尚希」のおすすめ記事

「高岡早紀 + 保阪尚希」のおすすめ記事をもっと見る

「高岡早紀 + Instagram」のおすすめ記事

「高岡早紀 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュース

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 高岡早紀 Instagram
  2. 高岡早紀 保阪尚希

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。