「また女性に戻りたい」女性から男性に性転換したトランスジェンダーの後悔(英)

生物学的に女性として生まれたが、自分の性に違和感を抱いて男性へと性転換した一人のイギリス人女性。しかしのちに、自分はトランスジェンダーではなかったことに気づき後悔しているという。『Metro』『BBC News』などが伝えている。

英ハートフォードシャー州ヘメル・ヘムステッドに住む61歳のデビー・クレーメルさん(Debbie Karemer)は、女性として生まれてきたにもかかわらず、現在「女性に戻る」ために日々治療を続けているという。実はデビーさん、1997年12月に女性としてアランさんという男性と結婚をしたが、44歳の時に自分の女性としての身体に違和感があり、民間の精神科医を訪れたところトランスジェンダーと診断された。

デビーさんはこの診断に何か腑に落ちるものがあったようで、翌日には男性ホルモンの一種であるテストステロンを使った治療を受けること、名前もリー・ハリーズ(Lee Harries)に変えて男性になることを決心したのだった。そして数か月後には乳房切除術を受け、続いて約2年後には子宮、卵巣、卵管切除術、最終的には腕の脂肪と皮膚で陰茎形成術まで受けて身体的にほぼ男性となった。

ところがリーさんになってから17年が経ち、男性となるため様々な処置を行ってきたにもかかわらず、自分の気持ちが崩れ落ちるような感覚に襲われパニック発作が起きるようになった。そしてカウンセリングを受けたところ結局、自分は性同一性障害ではなく、心的外傷後ストレス障害(PTSD)だということが分かった。そして自分は「女性だ」と認識するようになったという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク