オバマ元大統領夫妻、マサチューセッツ州の高級リゾート地に12億円超の豪邸購入

オバマ元大統領夫妻、マサチューセッツ州の高級リゾート地に12億円超の豪邸購入
マサチューセッツ州マーサズ・ヴィンヤードに豪邸を購入したオバマ一家(画像は『Michelle Obama 2019年11月27日付Instagram「From our family to yours, #HappyThanksgiving!」』のスクリーンショット)
オバマ元大統領夫妻がこのほど、米東海岸屈指のリゾート地として知られるマサチューセッツ州マーサズ・ヴィンヤードに、12億円を超える邸を購入したことが明らかになった。

夏になると世界中の著名人やセレブらが集うことから“Hollywood East(東のハリウッド)”と呼ばれ、富裕層に親しまれてきた東海岸屈指の高級リゾート地マーサズ・ヴィンヤード。同地の地元紙『Vineyard Gazette』は現地時間4日、オバマ元大統領夫妻がこの地に1175万ドル(約12億7600万円)の豪邸を購入したと報じた。2015年にはおよそ2倍の2250万ドル(約24億4000万円)で売りに出ていたというから、夫妻はかなりの“お買い得物件”を手に入れたようである。

NBAチーム「ボストン・セルティックス」のオーナー夫妻との間に交わした売買契約は元大統領夫妻の代理人によって行われ、現地時間4日に手続きが完了、一家はこのたび晴れて同地の“住民”となったもよう。

『Vineyard Gazette』によると、夫妻が購入した約194坪の邸宅は自然溢れる30エーカー(約12万平方メートル)もの広大な地に建てられたもので、7つの寝室や8.5のバスルーム、複数の暖炉を有し、屋外には納屋やプールなどもあるという。

オバマ夫妻は8年の大統領在任期間中、2012年を除き毎年8月の数週間をマーサズ・ヴィンヤードで過ごしていたとされ、今夏は同邸宅を数週間レンタルしていたことが報じられていた。この地をこよなく愛する夫妻が「いずれ家を購入するのではないか?」という噂は、地元ではかねてから浮上していたようだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「オバマ元大統領夫妻、マサチューセッツ州の高級リゾート地に12億円超の豪邸購入」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    結局はお金持ちだったってことだね。。。こんな立場で世の中の不平等を訴えないでほしい。

    5
  • 匿名さん 通報

    オバマケアをトランプが潰していなければ、アメリカ人はもっと幸せになれていた。トランプは特権階級の金儲けしか考えていない。安倍と同じ。

    4
  • 匿名さん 通報

    さすがアメリカ大統領だった だけのことあるね。ら

    1
  • 匿名さん 通報

    今年の漢字 安倍は「嘘」か「金」。

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。