娘から肝臓を移植された父 手術後に再会し互いに「愛している」(米)<動画あり>

娘から肝臓を移植された父 手術後に再会し互いに「愛している」(米)<動画あり>
手術後初めて言葉を交わす父娘(画像は『Fox News 2019年12月11日付「Moment daughter reunites with dad after providing life-saving liver donation」(T&T Creative)』のスクリーンショット)
63歳の肝臓がんの父親のために、自分の肝臓の一部を提供することを決意した30代の娘。術後の2人が初めて対面する様子を捉えた動画が、多くの人の心を揺さぶり拡散している。『Fox News』などが伝えた。

リチャード・バージさん(Richard Burdge、63)が肝臓がんと診断されたのは昨年5月24日、62歳の時だった。すぐに化学療法が開始されたが、医師からは「肝臓移植をしないと生存できる可能性は非常に少ない」と告知され、昨年12月からドナーを探してきた。

アメリカでは肝臓移植が必要な患者は毎年16000人以上いるにもかかわらず、亡くなったドナーからの移植は平均で6000件ほどと言われており、リチャードさんの家族は生体肝移植ができないかどうかそれぞれが検査を受けてきた。しかし最適なドナーが見つからないまま、リチャードさんの症状は悪化していった。

そんな中、家族で最後に検査を受けたのは、リチャードさんの娘ティファニー・ナップさん(Tiffany Knapp)だった。ティファニーさんは第3子を出産したばかりで、産後6か月になるまでは検査を受けられずにいたのだが、ドナーとして最適であることが分かると迷うことなく移植を決めた。

ティファニーさんは、その時の気持ちをこう語っている。

「私には4歳以下の子供が3人いるからと、両親に反対されました。でも医師から肝臓が適合すると聞いた時に、私の心は決まっていたのです。父の腫瘍が大きくなり始めたことを聞いて、もう時間がないことが分かっていたからです。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月13日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。