エレベーターで宙吊り寸前の犬を救った男性「無我夢中だった」(米)<動画あり>

エレベーターで宙吊り寸前の犬を救った男性「無我夢中だった」(米)<動画あり>
飼い主だけエレベーターで上階へ、残された犬が危険な状態に(画像は『Fox 5 DC 2019年12月11日付Facebook「INCREDIBLE RESCUE! As a woman walked into an elevator the door began closing but her dog was still standing outside.」』のスクリーンショット)
アメリカのあるマンションのエレベーターで飼い主だけがリードを持って上がってしまい、残された犬が宙吊りになりそうな事態が起こった。しかしその場に居合わせた男性が素早く救助して事なきを得たようだ。『Fox News』『Dallas Morning News』などが伝えている。

米テキサス州ヒューストンにあるマンションの監視カメラが捉えた映像が人々の関心を集めている。そこには今月9日、マンション1階のエレベーター前でポメラニアンを連れている若い女性の姿があり、エレベーターの扉が開くと中にいた男性が出た後に女性が乗り込んだ。

ここで女性は連れていた犬をエレベーターに乗せそびれてしまい、自分だけ乗った後にすぐ扉が閉まってしまった。女性の手には犬のリードが握られており、そのまま6階まで上がり始めたのだ。犬が乗っていないことに気づいた女性は大きな悲鳴をあげたが、彼女にはなす術が無かった。

ところがその様子を、先ほどエレベーターから降りてきた男性が目にしていた。男性はヒューストン在住のジョニー・マティスさん(Johnny Mathis)で、1階エレベーター前で置き去りにされた犬を見るなり、とっさに飛びつくようにして犬の首輪からリードを外そうとした。

その間もエレベーターは6階へと上昇していき、犬のリードはグイグイと上の方へ引っ張られ、このまま宙吊りになって首が締められるのではないかと思われた。ジョニーさんは、なおも必死になってリードを外そうとした。そして犬の体が宙に浮きそうになった瞬間に見事リードが外れ、その直後に彼はしっかりと両手で犬を抱き上げた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。