トム・ホランド、ディズニーCEOにスパイダーマン復活を電話で懇願「酔っていたので泣いてしまった」

トム・ホランド、ディズニーCEOにスパイダーマン復活を電話で懇願「酔っていたので泣いてしまった」
MCU版『スパイダーマン』シリーズ継続の立役者になったトム・ホランド
3代目スパイダーマンの主人公ピーター・パーカー役として大人気のトム・ホランド(23)が、4日に出演した米トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』でディズニーCEOのボブ・アイガーと電話で話した際のエピソードを明かした。当時のトムは酒に酔っていたという。

契約の折り合いがつかず、MCU版『スパイダーマン』シリーズの継続が暗礁に乗り上げていたSONYとディズニー。その双方を説得してスパイダーマンをもう一度復活させたのはトム・ホランドだったと言われている。今回トム本人が当時の状況をいかに打破したかについて語った。

交渉がうまく行かない現状を知ったトムは、やはりとても落ち込んでいたという。『アベンジャーズ』の俳優たちもSNSなどを通じてSONYに呼びかけるなか、トムもディズニーのCEOであるボブ・アイガーに自らメールを送っていた。このメールにボブは「電話で話そう」とすぐに返信したそうだ。

その後のある日、ロンドンで家族とバーにいたトムの携帯電話に知らない番号から着信があった。トムは酒に酔っていたが、見知らぬ電話番号の主がボブ・アイガーだと確信したという。

「あまりお腹に何も入れないで3パイント(1.7リットル)も飲んでいたところに、知らない番号から電話がかかってきた。でもなんとなく分かったんだ。」
「『きっとボブだ! でも俺、酔ってるんだけど!』ってなったよ。」

一方のボブ・アイガーは当時のトムについて、酔っていたことは「分からなかった」としつつも、「話し方が浮ついている感じはあったけれど、真摯に対応してくれたよ」「絶対トムが(ニュースを受けて)落胆しているって思ったんだ」とトムに電話をかけた理由を明かした。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月22日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。