走行中の救急車から路上に放り出された患者、25キロ先で救急隊員が気づく(露)

走行中の救急車から路上に放り出された患者、25キロ先で救急隊員が気づく(露)
救急車のバックドアから外に放り出された女性(画像は『Mirror 2019年12月20日付「Woman falls out of back of ambulance - but paramedics don’t notice for 16 miles」(Image: social media / east2west news)』のスクリーンショット)
人命救助が使命であるはずの救急隊だが、ロシアのある救急隊員は違ったようだ。彼らは女性患者を病院へ搬送する際に救急車のバックドアが開いて患者が路上に飛び出てしまった後、気づかず救急車をそのまま走行させていた。事故からだいぶ経つが、いまだに彼らからの謝罪がないと女性患者が明かしている。『Mirror』『New York Post』などが伝えた。

ロシアに住むガリーナ・ドミトリエワさん(Galina Dmitriyeva、56)は、救急隊員のずさんの対応のせいで歩行が不自由となり補助杖が必要になってしまった。彼女はこのようになってしまった8か月前の出来事をメディアに語った。

ガリーナさんは当時、気分が優れず脳卒中ではないかと心配になって夜間に救急車を呼び、病院に搬送してもらった。しかし詳しい原因が分からなかったため、対応した医師は別の病院を紹介。ガリーナさんは再び救急車に乗せられ、紹介された病院へ搬送されることになった。ところが運転手とは別にいた女性救急隊員はガリーナさんの横に寄り添って状態を見るわけでもなく、そのまま前方の助手席に座ってしまったという。

途中でガリーナさんは気分が悪くなりその旨を伝えたところ、女性救急隊員から「こんな時に何をして欲しいってわけ? 黙って横になってて!」と怒鳴られたという。その後、ガリーナさんに最悪の事態が訪れた。運転の揺れによってガリーナさんは救急車のバックドアにぶつかった途端、外にそのまま飛び出て放り出されてしまったのだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。