キャメロン・ディアス、愛娘は“昨年12月に代理母出産”で誕生していた

キャメロン・ディアス、愛娘は“昨年12月に代理母出産”で誕生していた
47歳でママになったキャメロン・ディアス(画像は『Cameron Diaz 2016年11月8日付Instagram「I voted today for the country I want to live in... a country where there is equality, inclusion, acceptance and freedom that EVERY American deserves...」』のスクリーンショット)
今月3日、Instagramを通じて女児が誕生したことを公表したキャメロン・ディアス。愛娘に「ラディックスちゃん」と名付けたことを明かすも、その誕生経緯については固く口を閉ざしていた。そんななか米メディア『Us Weekly』が、キャメロンは「代理母出産」でラディックスちゃんを授かったことを報じている。

2015年1月に「グッド・シャーロット」のギタリスト兼ボーカル担当のベンジー・マッデンと結婚したキャメロン・ディアス。以来、パパ・ママになることを夢見て体外受精や鍼治療、サプリ摂取など様々な方法を模索してきたとされるベンジーとキャメロンだったが、これまで「妊娠には至らなかった」と伝えられてきた。

そんな夫妻が突然、今月3日にそろってInstagramを更新し女児の誕生を報告した。夫妻は娘に「ラディックスちゃん」と名付けたことを明かし、

「私達はすぐさまハートを奪われてしまった」
「この子が私達を“家族”にしてくれた」

と喜びを綴ったが、女優活動から事実上引退しているキャメロンは表舞台に出る機会も近年は激減しており、妊娠のニュースが報じられたことも、そして大きなお腹が激写されたことも一切なかった。そのためラディックスちゃんの誕生経緯について「キャメロンが出産した」のか「代理母出産」であったのか、はたまた夫妻が「養子を迎え入れたのか」など様々な憶測が飛び交っていた。

英メディア『The Sun』はその後、昨年11月に撮影したというタイトなジーンズ姿のキャメロンの写真を掲載、そのスリムな体型に「当時妊娠していたとは考えにくい」と伝えたのであった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アン・ハサウェイ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ハサウェイ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ニコール・キッドマン」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。