インフルエンザで4歳児が視力を失う 母親が注意喚起「毎年同じ時期に予防接種を受けて」(米)

インフルエンザで4歳児が視力を失う 母親が注意喚起「毎年同じ時期に予防接種を受けて」(米)
インフルエンザの合併症で視力に障がいが残った女の子(画像は『The Sun 2020年1月13日付「ROBBED OF HER SIGHT Unvaccinated girl, 4, goes blind and suffers brain damage after nearly dying from the flu」』のスクリーンショット)
「注射はしたけど感染してしまった。本当に効果があるのかしら」「副作用が心配」など、インフルエンザの予防接種に関しては毎年頭を悩ませる人も少なくないだろう。米国でのインフルエンザの予防接種は乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ人、医療関係者などに推奨されているが、このほど米アイオワ州で予防接種を受けなかった4歳女児がインフルエンザB型に感染して視力を失ってしまった。女児の両親が『The Sun』『CNN』などのインタビューに応じた。

米アイオワ州に住むジェイド・デルーシアちゃん(Jade DeLucia、4)が体調不良を訴えたのは、昨年12月19日のことだった。それから4日間、ジェイドちゃんは微熱が続いたものの食欲もあり、元気に走り回って遊び、時折高くなる熱は市販の解熱剤を飲むことでおさまっていた。

しかしクリスマスイブの朝、ジェイドちゃんに異変が起こった。その日は祖父の家を訪ねる予定だったが、いつまでたっても起きてこない娘を心配した父親のスティーブンさんが寝室に様子を見に行くと、ジェイドちゃんは高熱を出し、呼びかけても何の反応も示さなくなっていた。慌てた両親は地元の医療センターに車で向かったが、救急救命室に到着したジェイドちゃんは白目をむいたまま痙攣発作を起こし、そこから約128キロ離れたアイオワ大学ステッド・ファミリー・チルドレンズ病院(University of Iowa Stead Family Children’s Hospital)の集中治療室にヘリで搬送された。スティーブンさんはジェイドちゃんが激しく身体を震わせるのを目の当たりにし「もう元気な娘には会えないのではないか。これが最期のお別れになるのではないか」と気が気でなかったことを、後のインタビューで明かしている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。