ヘンリー王子夫妻、今後は称号名乗らず ウィンザー邸の改築費用返済も

ヘンリー王子夫妻、今後は称号名乗らず ウィンザー邸の改築費用返済も
渦中のヘンリー王子&メーガン妃(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年11月27日付Instagram「On this day, two years ago:」』のスクリーンショット)
英時間18日、バッキンガム宮殿が新たに声明を発表し、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻の今後について詳細を明かした。夫妻は今後“HRH(殿下・妃殿下)”の称号は名乗らず、国民の税金から支払われたフロッグモア・コテージの改築費用(約3億3000万円~4億円)も返済予定だという。

今月8日にヘンリー王子・メーガン妃夫妻が「高位王族からの引退」の意思を表明して以来、エリザベス女王、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子らは度重なる会合を重ねてきた。そして現地時間18日、英王室はエリザベス女王自らによるメッセージ、並びに夫妻の今後について、バッキンガム宮殿から正式な声明を発表した。

エリザベス女王のメッセージは

「ハリー、メーガン、アーチーは、これからも変わらず私の大切な家族の一員です。」

との温かい一文で始まり、

「これまでの2年間、常に厳しい監視の目に晒されてきた彼らが直面した困難や障害に理解を示し、今後はより独立した生活を送りたいという2人の願いをサポートしていく意向です。」

英国や英連邦王国、そしてその枠を超え、ひたむきな姿勢で数々の公務に臨んでくれた夫妻に感謝いたします。」

と綴られている。エリザベス女王は続けてメーガン妃について、

「とりわけ、迅速に私達家族の一員として順応してくれたメーガンのことを誇りに思います。」

とも述べており、米国から英国へと移住後、過剰報道に悩まされながらも、慣れない環境のなかでロイヤルファミリーの一員として努めてきたメーガン妃をおもんぱかった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ヘンリー王子夫妻、今後は称号名乗らず ウィンザー邸の改築費用返済も」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    国民の税金で海外旅行し遊び呆けて旨いものを食っている安倍と河野、聞いてるか?

    0
  • 匿名さん 通報

    「迅速に私達家族の一員として順応してくれたメーガン」… と仰ってるけど、正直それが感じられなかったから批判されてた部分はあると思う。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。