中島健人「今でも両親と映画に行く」「劇場で一日3本」プライベート語る

そして中島は「先日、KinKi Kids堂本光一くんとお会いして、『フォード vs フェラーリ』の話で盛り上がりました。(堂本さんは同作の)アンバサダーも務められているので」と明かし、「男たちが心騒ぐ映画というか、本当に燃えましたね。もちろん退屈する瞬間がないし、競争する男たちが好きだなと。新たなヒーロー像が生み出されていく中で、王道のバディもので、人々が好きなもの―競争、絆といったものが描かれていて、そこでもクリスチャン・ベイルに注目しました」と1月10日に日本で公開された同作とマット・デイモンとともに主役を務めた俳優クリスチャン・ベイルの名を挙げた。

「クリスチャン・ベイルの出演作の『マシニスト』(2004年製作のサスペンス・スリラー映画)がすごく好き」と言う中島は、現地で「クリスチャン・ベイルに会いたい」と希望。「作品によって自分を変幻自在に変えていく姿がすごく印象的で、どういうふうにお芝居に対して人生を捧げているのか? 今回の映画(『フォード vs フェラーリ』)もものすごく良いので、会えるかどうかはわからないですが、ひと作品ごとの情熱についても聞きたいですね」と期待を込めた。

そんな中島は「基本的に家族全員洋画が好きで、特に母親がおすすめを教えてくれます。今でも父と母と3人で映画に行きます」と家族も映画好きであるといい、「自分自身でも映画誌を見ますし、劇場に行って一日3本くらい観る日もあるんですよ」とプライベートを垣間見せた。

洋画ファンとしてはまたとないアカデミー賞に立ち会えるこの機会に、中島健人は「『今年はこういう映画が素晴らしかった』というのをわかりやすく伝える、映画ファンのみなさんのサポーターという意識で臨みたいですね」「僕はアイドルとして、日本でステージに立たせていただいている時は歓声をいただく立場ですけど、今回は、世界のスターのすごさを自分が感じることによって、よりそのすごさを視聴者のみなさんにお伝えしたいと思います」と意気込んでいる。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当時の記事を読む

中島健人のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中島健人」に関する記事

「中島健人」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中島健人」の記事

次に読みたい「中島健人」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 中島健人 土屋太鳳
  2. 中島健人 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。