キャサリン妃、ホロコースト生存者達を撮影「悲劇を決して忘れない」

キャサリン妃、ホロコースト生存者達を撮影「悲劇を決して忘れない」
ホロコースト生存者の84歳の男性、孫2人と(画像は『Kensington Palace 2020年1月27日付Instagram「As part of the commemorations for the 75th anniversary of the end of the Holocaust, The Duchess of Cambridge has taken photographs of two Holocaust survivors with their grandchildren.」』のスクリーンショット)
国際ホロコースト記念日の1月27日、キャサリン妃が撮影したホロコースト生存者の写真が公開された。キャサリン妃は子供の頃に『アンネの日記』を読み、大変心を打たれたそうだ。心の奥深くに刻まれたアンネ・フランクの言葉からインスパイアされ、今回の写真撮影を行ったという。オランダの画家ヨハネス・フェルメールの作品を思い起こさせる写真には、生存者達が体験した想像を絶する悲劇のストーリーが隠されている。

1945年1月27日にアウシュビッツ強制収容所が解放されてから、今年で75年になる。国際ホロコースト記念日である27日、キャサリン妃が撮影した2人のホロコースト生存者と孫達の写真が公開された。ホロコースト・メモリアルデー・トラストとジューイッシュ・ニュース、王立写真協会(RPS)によるプロジェクトで、今年1月初旬にケンジントン宮殿で撮影されたものだ。

写真のモデルに選ばれたのは、ホロコースト生存者のスティーブン・フランクさん(84)とイヴォンヌ・バーンスタインさん(82)だ。2人から実体験を聞いたキャサリン妃は「彼らは悲しい過去の経験を振り返るだけではなく、悲劇を乗り越えたことに感謝している」とし、「彼らの体験談は、永遠に私の心に重くのしかかるでしょう。わずかな生存者の方々に直接会い、こうして話を聞けるのは大変貴重なこと。彼らが乗り越えてきた想像を絶する悲劇を決して忘れないよう、彼らの記憶を未来の世代へと残していくことが大切です」と語った。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。