メーガン妃はハリウッドへ出戻り? ヘンリー王子夫妻、カナダ移住で“格差逆転”か

メーガン妃はハリウッドへ出戻り? ヘンリー王子夫妻、カナダ移住で“格差逆転”か
夫妻のカナダ移住は吉と出るか、凶と出るか…?(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2020年1月8日付Instagram「“After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a progressive new role within this institution.」』のスクリーンショット)
これまで20年にわたり英王室を取材し続けてきた伝記作家サリー・ベデル・スミスさんが、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻の今後について『Vanity Fair』に興味深い見解を示している。

高位王族からの引退が決まったヘンリー王子・メーガン妃夫妻のカナダでの新生活をめぐっては現在、様々な憶測が飛び交っている。ロイヤル&ハリウッドという2つの強力なバックグラウンドを持つ“パワー・カップル”だけに、夫妻は今後独自のブランドを構築し、これまでのチャリティー活動に加えてテレビや映画界、出版界、政界など様々なフィールドでの活躍の可能性が囁かれている。

英王室取材歴20年のベテラン王室伝記作家で『Vanity Fair』の寄稿編集者も務めるサリー・ベデル・スミスさんは、そんな夫妻、とりわけヘンリー王子の今後について少々懸念を抱いているという。

世界中に熱狂的なファンを持つダイアナ妃の次男として生まれ、正真正銘のプリンスとして35年間を過ごしてきたヘンリー王子。そのすべてを捨て海を渡ったヘンリー王子だが、彼についてスミスさんはこう語っている。

「ハリーが受けた専門的訓練はヘリコプターの操縦でした。大学は出ていません。チャリティー団体について情熱的に語るのはお手のものですから、演説家としての道はあるかもしれませんね。でも単に“飾り”として関わるだけなら、それがハリーにとって生き甲斐になるとは言い難いのではないでしょうか。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。