ルイス・キャパルディ、グラミー賞授賞式での飲み過ぎを反省「1か月間は酒を断つ」

ルイス・キャパルディ、グラミー賞授賞式での飲み過ぎを反省「1か月間は酒を断つ」
最優秀楽曲賞にノミネートされていたルイス・キャパルディ(画像は『Lewis Calamari 2019年11月20日付Instagram「GRAMMY AWARD NOMINEE Lewis Capaldi still has New York themed wallpaper in his bedroom, spread the word」』のスクリーンショット)
スコットランド出身のシンガーソングライター、ルイス・キャパルディ(23)が現地時間1月26日に開催されたグラミー賞授賞式に出席した。初めてのグラミー賞参加に興奮したルイスは、ぽっちゃり出たお腹を「妊娠6か月」と自虐、空席を埋めるために来た女性には「席を立て」とまで言われたそうだ。最後には会場で大酒をあおり、ひどい二日酔いになる始末。ついに今後1か月間の禁酒を宣言するなど、切ないバラードからは想像もつかないコミカルな素顔が明らかになった。

ルイス・キャパルディはデビュー曲『サムワン・ユー・ラヴド』が、2019年秋に全米シングルチャート1位に輝いたイギリス期待の新人だ。同曲は全英シングルチャートでも7週連続1位を獲得している。

そんな大ヒットシングルがグラミー賞で最優秀楽曲賞にノミネートされ、現地時間1月26日の授賞式に出席した。惜しくも賞はビリー・アイリッシュの『バッド・ガイ』が獲得、受賞できなかったルイスは悲しみに打ちひしがれ、アルコールを摂取し過ぎてしまったという。デビュー後初のグラミー賞授賞式参加ということもあり、あまりの興奮からはしゃぎ過ぎてしまったようだ。

授賞式の翌日、ひどい二日酔いに悩まされたルイスは自身のインスタグラムでライブ配信し、今後1か月間の禁酒宣言をした。動画では「グラミーでのビッグな1週間。かなり酔っ払った」と述べており、466万人のフォロワーに向けて「これから1か月間、酒を断つ。ブリットアワード(イギリスの音楽授賞式)以外は」と断言している。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月2日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。