ジャスティン・ビーバーの妻でモデルのヘイリー・ビーバーが、このほど米版『ELLE』3月号の表紙に登場した。インタビューではジャスティンとの結婚生活を赤裸々に明かしている。

2009年10月、当時12歳だったシャイな少女ヘイリー・ボールドウィンは、未来の夫となる15歳の“ポップスター”ジャスティン・ビーバーと出会った。その後交際や復縁を繰り返した2人は2018年9月にニューヨークの役所で婚姻届を出し、“ミスター&ミセス・ビーバー”となった。それから1年後、初めての出会いから10年が経とうとしていた2019年9月30日、家族や友人に見守られるなか米サウスカロライナ州で挙式した。

世界的な人気と知名度を誇るジャスティン・ビーバーの妻を名乗るようになって間もなく1年半、現在は音楽活動を再開した夫をサポートする傍ら、自らもモデルとしてキャリアを邁進中のヘイリーが、このほど米版『ELLE』3月号の表紙に登場しジャスティンとの新婚生活を赤裸々に明かしている。

ニューヨークの役所で婚姻届を出し世界を驚かせたジャスティン&ヘイリーが、サウスカロライナ州でのセレモニーを実現させるまでにおよそ1年の期間を要したことについて、ヘイリーは

「(結婚当初は)これからの2人の人生を色々と模索していたの。そんな状況で慌ただしくウェディングを計画するのはストレスになるだけだって感じたのよ。」

「ジャスティンはあの頃かなり体調を崩していたわ。ライム病を患っているから。そんな時に『不健康そうに見えるのは、ドラッグをやっているから』なんて声が聞こえてきて、あの頃は本当に辛かった。」