アカデミー賞授賞式“追悼コーナー”にルーク・ペリーやキャメロン・ボイスの姿なく…ファン激怒

アカデミー賞授賞式“追悼コーナー”にルーク・ペリーやキャメロン・ボイスの姿なく…ファン激怒
ルーク・ペリーとキャメロン・ボイスのファン「生前の功績を称えるべき」
過去1年間に他界した偉大な映画人を偲ぶ、アカデミー賞授賞式の追悼コーナー「イン・メモリアム」。今年はNBAレジェンドのコービー・ブライアントや俳優カーク・ダグラスらがフィーチャーされたが、ルーク・ペリーやキャメロン・ボイスがスクリーンに映し出されることはなかった。「彼らの生前の功績だって称えられるべき」とファンは授賞式の主催者側に怒りを露わにしている。

1994年の第66回アカデミー賞授賞式より毎年開催されている「イン・メモリアム」。過去1年間に他界した映画人の偉大な功績を称える同コーナーでは今年、若手アーティストのビリー・アイリッシュが兄フィネアス・オコネルのピアノ伴奏にのせ、ザ・ビートルズの『イエスタデイ』を披露、しめやかな雰囲気の中で行われた。

そのおよそ4分間には、2018年に自身の半生を綴ったアニメーション作品『親愛なるバスケットボール」(原題:Dear Basketball)』が短編アニメ賞を受賞したNBAレジェンドのコービー・ブライアントや、映画『イージー・ライダー』などで知られる俳優ピーター・フォンダ『ボーイズ’ン・ザ・フッド』や『ワイルド・スピードX2』などで知られるジョン・シングルトン監督今月5日に103歳で逝去した名俳優カーク・ダグラス、日本からは昨年5月に他界した女優の京マチ子など多数の映画人の写真が巨大スクリーンに映し出され、その偉業が称えられた。

そんななか、この錚々たる面々のリストから「完全に抜け落ちている」「忘れ去られてしまった」とアカデミー賞主催者側に猛烈な怒りをぶつけるのは、

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。