エリザベス女王の長女アン王女、女性初の英海兵隊元帥に就任か ヘンリー王子の王室離脱受け

エリザベス女王の長女アン王女、女性初の英海兵隊元帥に就任か ヘンリー王子の王室離脱受け
女性初の「英海兵隊元帥就任」が噂されるアン王女(画像は『The Royal Family 2020年1月14日付Instagram「‘The Princess Royal has made a simply outstanding contribution to public life and sport for more than four decades and much of her work relates to education and charities based in Scotland.’」』のスクリーンショット)
英王室からの離脱に伴い、軍事的公務からの引退が確定しているヘンリー王子。2年間務めた海兵隊元帥からも離職するが、後任にはエリザベス女王の長女アン王女(69)が就任予定のようだ。英紙『The Sunday Times』が報じた。

先月に高位王族からの引退を表明したヘンリー王子は、その後の家族会議を通じて今後は公的資金援助に頼らず、個人的な支援活動や民間団体との関わりを続けていくこと、“HRH(殿下)”の称号は使用しないこと、そして軍事的公務からも退くことなどが発表された。2017年8月に祖父フィリップ王配が公務からの引退を表明したのち、ヘンリー王子は同年12月に英海兵隊元帥の職を引き継いだが、今後王子は軍事的公務へは出席しないため後任が誰になるのかに注目が集まっていた。

そんななか現地時間9日、英紙『The Sunday Times』は同職の後任にエリザベス女王とフィリップ王配の長女アン王女が任命されるだろうと報じた。ロイヤルメンバーのなかでもかなり精力的に公務をこなすことで知られるアン王女は、現在65にのぼる軍事公務に携わっている。宮廷報告書をもとにある王室ファンが集計した記録によれば、昨年1年間に出席した公務は506にものぼったそうで、兄チャールズ皇太子の521公務に次ぐ回数だったという。そんな熱心に公務に取り組むアン王女をこのたび海兵隊元帥に強く推薦したのは、他でもない父フィリップ王配

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。