ZZカップの42歳モデル、生活に支障も「豊胸手術は止められない」(米)<動画あり>

ZZカップの42歳モデル、生活に支障も「豊胸手術は止められない」(米)<動画あり>
豊胸手術で超巨乳を手に入れた42歳女性(画像は『Foxy Menagerie Verre 2020年2月10日付Twitter』のスクリーンショット)
米ミシガン州に住む42歳の女性は「ZZカップ(アメリカのブラのサイズ)」という超巨乳の持ち主である。6年前に夫と離婚したのがきっかけで豊胸を始め、すっかり巨乳の虜になってしまったそうだ。『Metro』『The Sun』などが伝えた。

フォクシー・メナジェリーさん(Foxy Menagerie、42)の胸には現在、6640ccのインプラントが入っている。砂時計型の体型を目指して豊胸を続けるフォクシーさんの理想の女性は、映画『ロジャー・ラビット』に登場するセクシー美女“ジェシカ・ラビット”だそうで、胸にはまるで大きな風船が2つぶら下がっているかのようだ。

それでもフォクシーさんは「豊胸手術を止めるつもりはない」と明かしており、なぜ手術にこだわるのかについて次のように明かした。

「子供の頃の私はごく平凡でシャイだったわ。それに自分に自信を持てなかったの。少しだけ学生モデルをしたこともあったけど、結婚後は辞めてしまったわ。でも夫と離婚して、昔の自分と決別するかのように始めた豊胸手術が私の人生を変えたのよ。離婚後3か月で2度も手術を受けて、その後はもう止められなくなってしまったの。すっかり中毒ね。」

「私は手術をするたびに新しい自分に出会えることが最高に幸せなの。それに手術によって自分に自信が持てるようになったわ。」

「外出するとみんなの視線を感じるの。注目を浴びることは嫌いじゃないわ。たまに失礼な人はいるけど、ほとんどの人は優しいし、好奇心旺盛なのよ。私の胸は普通じゃないから、思わず見てしまうという心理は理解できるわ。それにたくさんの人と出会えることは私にとってもプラスになるし、写真を一緒に撮るのも大好きよ。大きな胸が人を引き寄せるの。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。