ビリー・アイリッシュ、自身のアカデミー賞パフォーマンスは「メチャクチャだった」

ビリー・アイリッシュ、自身のアカデミー賞パフォーマンスは「メチャクチャだった」
自身へのダメ出しを連発したビリー・アイリッシュ
現在飛ぶ鳥を落とす勢いの若手シンガー、ビリー・アイリッシュ。しかし現地時間9日に開催されたアカデミー賞授賞式で披露した自身のパフォーマンスには、まったく満足していないようだ。あるインタビューのなかで「あれはクズ」「メチャクチャだった」と自身を酷評している。

グラミー賞5冠を達成し世間を驚かせた後、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌をシリーズ史上最年少シンガーとして担当するなど、快進撃を続けるビリー・アイリッシュ

今月9日にはアカデミー賞授賞式の過去1年間に他界した偉大な映画人を偲ぶ「イン・メモリアム」という追悼コーナーで、ビリーは兄フィネアス・オコネルとザ・ビートルズの『イエスタデイ』を披露した。ビリーの歌声をバックにNBAレジェンドのコービー・ブライアント俳優カーク・ダグラスらの写真がスクリーンに映し出されると、会場からはその都度拍手があがり、人々は故人を偲ぶのであった。

フィネアスの柔らかなピアノの音色とビリーの儚げな歌声による『イエスタデイ』は、故人を偲ぶ会場の人々の気持ちにそっと寄り添い、およそ4分間にわたる「イン・メモリアム」はしめやかに幕を閉じた。ネットにはその後、

「素晴らし歌声」
「涙があふれてきた」
「今までで最高のパフォーマンス」

といったビリーへの称賛コメントが溢れ、

「18歳でこの度胸はさすが」
「このパフォーマンスを見てファンになった」

といった声も多数見受けられた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。