オーストラリア出身の女優マーゴット・ロビー(29)が、英紙『The Sun』にヘンリー王子とメーガン妃夫妻を支持する気持ちを語った。4年前に友人の紹介でヘンリー王子(35)と知り合ったマーゴットは、夫妻がロサンゼルスに滞在する際には「ディナーを共にしたい」と明かしている。

マーゴット・ロビーはオーストラリアの人気メロドラマ『ネイバーズ』でブレイク後、ロンドンに移住。現在は夫で映画監督のトム・アッカリー(30)とロサンゼルスに住んでいる。ヘンリー王子と知り合ったのは4年前で、映画『スーサイド・スクワッド』(2016年)で共演した女優カーラ・デルヴィーニュ(27)から紹介されたという。

マーゴットはヘンリー王子について、次のように語った。

「ヘンリー王子とは数年の知り合いだけど、彼は本当に素晴らしい人だと思う。」
「地球の反対側へ移動することがもの凄い決断だってことは、私にも理解できるの。今でもロンドンがとても恋しいから。でも私に移住する理由があったように、彼らにも決断した理由があると思う。」
「これは軽い気持ちでできることではないのよ。彼らがロスに滞在する予定があるなら、ぜひ私たち夫婦とディナーをご一緒させて頂きたいわ。」

マーゴットがヘンリー王子に出会ったのは2015年12月、モデルのスキ・ウォーターハウス(28)が主催したハウス・ウォーミングパーティだった。当日は英ユージェニー王女も招待されており、インスタグラムではヘンリー王子とユージェニー王女、マーゴット・ロビー、カーラ・デルヴィーニュ、