ヘンリー王子夫妻、王室離脱に伴いカナダ政府による警備費負担が打ち切りへ

ヘンリー王子夫妻、王室離脱に伴いカナダ政府による警備費負担が打ち切りへ
カナダ政府、夫妻の警備費用負担を打ち切ることに(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年10月15日付Instagram「This evening, The Duke and Duchess of Sussex attended the annual #WellChildAwards in London.」』のスクリーンショット)
昨年11月より愛息アーチーくんとともに、カナダのブリティッシュ・コロンビア州に滞在中のヘンリー王子・メーガン妃夫妻。一家の警備費用の一部はこれまでカナダ国民の税金から支払われていたが、来月末の夫妻の王室離脱に伴い、同国が費用の負担を打ち切ることが明らかになった。カナダのメディア『CBC News』などが伝えている。

英連邦王国の1つであるカナダのブリティッシュ・コロンビア州に滞在しているヘンリー王子・メーガン妃夫妻だが、同国滞在中は、王立カナダ騎馬警察(Royal Canadian Mounted Police、RCMP)が一家の警備にあたり、その費用の一部はカナダ国民の税金から賄われてきた。しかし来月末に夫妻が王室から正式に離脱するにあたり、同国は一家の警備費の負担を打ち切ることを明らかにした。

カナダ公安相ビル・ブレア氏のオフィスは現地時間27日、『CBC News』に次のような声明を送っている。

「サセックス公爵夫妻は現在、国際的要人として認識されており、カナダは必要に応じてお二人の安全を保障する義務があります。RCMPはロンドン警視庁からの要請により、2019年11月にご夫妻がカナダに入国されて以来断続的に同庁を支援し、警備にあたってまいりました。しかし(王室からの離脱により)お二人の立場に変化が生じることを受け、RCMPは向こう数週間のうちに同支援を終了いたします。」

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻のための警備費用は年間でおよそ2000万ポンド(約28億円)にものぼると伝えられ、今年1月にある機関が行った世論調査ではカナダ国民の73%が「ヘンリー王子・メーガン妃の警備費用やカナダ移住にともなうその他のいかなる費用についても、カナダ国民の税金から支払われるべきではない」と答えていた。またカナダ納税者連盟(Canadian Taxpayers Federation、CTF)には、わずか数週間のうちに怒りを抱えたカナダ国民による10万を超える署名が集まっていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。