英人気コメディアン、実名を「ヒューゴ ボス」に正式改名 ブランドに対する抗議

英人気コメディアン、実名を「ヒューゴ ボス」に正式改名 ブランドに対する抗議
アカウント名も「ヒューゴ ボス」にしたジョー・ライセット(画像は『Hugo Boss 2020年1月16日付Twitter「Obsessions is on @BBCRadio4 NOW!」』のスクリーンショット)
英コメディアンのジョー・ライセット(31)が、実名を「ヒューゴ ボス」に改名したことを明らかにした。ドイツの有名ファッションブランド「HUGO BOSS(ヒューゴ ボス)」は中小企業などに対して商標の使用停止を要請しており、これに対する抗議として改名を決意したという。

高級ブランドの「ヒューゴ ボス」は、商標である「ボス」を商品名などに使用する小さな企業やチャリティ団体などに対して使用停止を求めている。これまでにいくつかの企業や団体が商標法違反の罪に問われ、法的手続きや商品名の変更によるコストに多額の費用を費やしてきた。

過去には英ウエールズにあるビール醸造会社「ボス・ブリューイング(Boss Brewing)」が、商品名の一部に「ボス」を使用したとして商標法違反の罪に問われた。4か月の法的争いの結果、醸造会社はビールの商品名を「Boss Boss」から「Boss Bossy」に変更、「Boss Black」は「Boss Brewing Black」へと変更した。醸造会社は法的費用に1万ポンド(約138万円)を費やしたそうだ。

コメディアンのジョー・ライセットは、こういった事実に抗議する形で改名を決意したという。英時間3月1日には自身のツイッターに改名の証拠となる証明書の写真を公開し、このようにコメントした。

「ヒューゴ ボスが、自分の名前を使われるのを嫌ってることは明らかだ。彼らにとっては残念なことだが、僕はディード・ポール(Deed Poll/改名を申請する制度)を通して法的に名前を改名した。今の僕は公式にヒューゴ ボスという名前で通っている。今後、僕からのすべての声明はジョー・ライセットではなく、ヒューゴ ボスとして発表される。楽しんでくれ。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。