志村けんの“ひとみばあさん”×大悟は史上最高傑作か「暗い世の中で大笑いさせてくれた」

志村けんの“ひとみばあさん”×大悟は史上最高傑作か「暗い世の中で大笑いさせてくれた」
“師匠”志村けんのコントに大悟が登場 ファンも「よかったねー」と大喜び
4日放送の『志村けんのだいじょうぶだぁ スペシャル』(フジテレビ系)は、新型コロナウイルスの感染拡大でストレスを感じている人々に“笑い”という最高のプレゼントを届けてくれたようだ。「この暗い世の中で、大笑いしている夜。最高だなぁ」「今のご時世を忘れることができた良い2時間だった」などの声が、ネットで多数見受けられたのだ。

“変なおじさん”と並び『志村けんのだいじょうぶだぁ』の代表的キャラクターである“ひとみばあさん”。外見は瓶底メガネに顔はシミだらけ、腰は曲がり足の運びが遅いのでなかなか前に進まない。御年89歳ということだがまだまだ現役で、今回は旅館のマッサージ師として登場。客である
お笑いコンビ・千鳥の大悟は若い女性のマッサージ師を期待して呼ぶも、現れた“ひとみばあさん”を見てキャンセルしようとする。しかしキャンセル料は“3万”だと言われ、しぶしぶ“ひとみばあさん”に800円でマッサージをしてもらうことになるのだ。

志村けんを“師匠”と慕う大悟が、若い頃から見ていたコントで相手役を演じるのが嬉しくてたまらない様子に「志村けんと夢の共演やね。大悟よかったねー!」「大悟×ひとみばあさん史上最高傑作!」「大悟 ひとみ婆さんとのコント楽しそう」と大悟ファンも大喜びであった。

新型コロナウイルスの感染拡大は時差通勤・テレワークの推奨から始まり、飲み会からスポーツやコンサート、卒業・入学式などイベントの中止、そして安倍晋三首相の全国の小中高校などへの一斉休校要請と人々の日常生活を混乱させ始めている。それに加えマスクやアルコール消毒液の慢性的な不足にイライラし、デマによるトイレットペーパーやテッシュペーパーの買い占めに走るなどの行為は社会不安の現れであろう。大人も子供もストレスにさらされる毎日が続くなか、『志村けんのだいじょうぶだぁ』を見ながら腹を抱えて大笑いできたのは貴重なひとときだったのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部みやび)

あわせて読みたい

志村けんのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「志村けん + ブログ」のおすすめ記事

「志村けん + ブログ」のおすすめ記事をもっと見る

「志村けん + バカ殿」のおすすめ記事

「志村けん + バカ殿」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 志村けん バカ殿
  2. 志村けん ブログ
  3. 志村けん 女性

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。