ヘンリー王子夫妻“高位王族”として最後の公務 メーガン妃がウィリアム王子・キャサリン妃に無視される場面も

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻が英時間9日、ウェストミンスター寺院にて行われた「コモンウェルスデー記念式典」に出席し、MEGXIT(メグジット、英国王室からの離脱)前最後の公務として注目を集めた。

今年1月に高位王族からの引退意思を表明して以来、カナダのブリティッシュ・コロンビア州に滞在しているヘンリー王子・メーガン妃夫妻。MEGXITを控え、一足先に帰郷していたヘンリー王子にメーガン妃が合流したのは、今月はじめのことだった。以来休む暇もなく精力的に公務をこなす夫妻の様子を英メディアは“フェアウェル・ツアー”(お別れツアー)と称し連日大きく報じてきたが、英時間9日にはMEGXIT最終章を飾るイベント「コモンウェルスデー記念式典」がウェストミンスター寺院にて開催された。

エリザベス女王をはじめ、チャールズ皇太子夫妻やウィリアム王子夫妻など“高位王族”が一堂に会するフォーマルなイベントに、この日一番乗りで現れたヘンリー王子とメーガン妃。妃は「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」のグリーンのケープ付きドレスとファシネーターという装いで、観衆を魅了した。

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻はウェストミンスター寺院内では前から2列目に着席、隣に座ったエリザベス女王の三男エドワード王子や夫人のソフィー妃と談笑する姿が見られた。しかしのちに現れたウィリアム王子・キャサリン妃に、メーガン妃が「ハーイ」と軽く手を振る場面ではウィリアム王子・キャサリン妃がそろって無視する様子がキャッチされてしまった。そのシーンがネットで拡散されると、「厳かな場で満面に笑みを浮かべるメーガンは不謹慎」「ケイトの表情が精彩に欠ける」「最後まで兄弟が不仲で悲しい」などネガティブなコメントが多数あがってしまった。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ヘンリー王子夫妻“高位王族”として最後の公務 メーガン妃がウィリアム王子・キャサリン妃に無視される場面も」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    メーガンは王室にふさわしくない。気高さ奥ゆかしさ優しさがない。ヘンリーと結婚したので離脱しても多額の収入を得られる立場。成り上がり者。ヘンリーは感化されてる。ウィリアム王子は悲しんでいる。

    1
  • 匿名さん 通報

    なぜメーガンと結婚したんだろう。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「ヘンリー王子」に関する記事

「ヘンリー王子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヘンリー王子」の記事

次に読みたい「ヘンリー王子」の記事をもっと見る

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。