ナイツ塙『R-1』審査法に「あれはダメでしょ」と苦言 「あの1票の差は取り戻せない」

ナイツ塙『R-1』審査法に「あれはダメでしょ」と苦言 「あの1票の差は取り戻せない」
『M-1』では審査員を務めた塙宣之
3月8日に放送されたプロのひとり芸日本一を決定する『R-1ぐらんぷり2020』(関西テレビ・フジテレビ系)では、マヂカルラブリーの野田クリスタルが優勝した。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として初めて無観客で開催されたことも注目を集めたが、ナイツの塙宣之は審査方法に「あれはダメでしょ」と疑問を持っているようだ。

『R-1ぐらんぷり2020』では、すゑひろがりず南條、ワタリ119、ヒューマン中村、ほしのディスコ(パーパー)、SAKURAI、ななまがり森下、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、メルヘン須長、ルシファー吉岡、守谷日和、おいでやす小田に加えて、敗者復活枠で大谷健太が勝ち上がり、優勝を目指して競った。

まず出場芸人12名が3組のブロックに分かれてそれぞれネタを披露、そこから「Final Stage」に進む1名を決定。「Final Stage」では勝ち上がった3名がもう1本ネタを披露して、優勝者が決まる。審査は審査員の桂文枝関根勤久本雅美陣内智則友近勝俣州和がそれぞれ3票を持ち投票したが、その他にお茶の間dボタン投票とTwitter投票で一般視聴者も審査に参加できた。これらはそれぞれ1位に3票、2位に2票、3位に1票入る仕組みだ。

この審査方法に『M-1グランプリ』で審査員の経験もあるナイツ・塙宣之は、14日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』で疑問を呈した。「『R-1ぐらんぷり』は難しいね」という塙は、「審査員がまず3票を持っているのが、ちょっと俺はどうなの?(って思う) 点数にしてあげないとちょっときついよね」と投票制ではなく点数制にすべきだと主張。その理由として「点数だったらさ、だいたい85から100点ぐらいの差になるじゃない。(でも投票制の)あの1票の差は取り戻せないよね」と見解を示した。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ナイツ塙『R-1』審査法に「あれはダメでしょ」と苦言 「あの1票の差は取り戻せない」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    審査する資格のないランクが資格してることの批評をしない、審査の批評する資格もないバカ

    1
  • 匿名さん 通報

    ≪頭狂集団暴行事件再び≫≪頭狂路上で男性が暴行被害≫一方≪TVの話題で自らの不都合ひた隠す中国そのまま感染最多頭狂穢土人民腸栓共和国では≫≪男性が頭狂集団に襲われ≫頭狂被害を受けていた事がわかった。

    0
この記事にコメントする

「ナイツ + 漫才」のおすすめ記事

「ナイツ + 漫才」のおすすめ記事をもっと見る

「ナイツ + ライブ」のおすすめ記事

「ナイツ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三四郎」のニュース

次に読みたい関連記事「三四郎」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ナイツ ライブ
  2. ナイツ 漫才

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。