約18000本の消毒剤を転売目的で買い占めた兄弟「公共サービスだ」(米)

約18000本の消毒剤を転売目的で買い占めた兄弟「公共サービスだ」(米)
手の消毒剤や除菌ウェットティッシュなどの在庫を抱えた男性(画像は『Metro 2020年3月16日付「Brothers who bought 18,000 bottles of hand sanitiser to profit from coronavirus have nowhere to sell them」(Picture: New York Times)』のスクリーンショット)
新型コロナウイルスの感染拡大で日本でもトイレットペーパーやマスクなどが店頭で品薄になっているが、米テネシー州では手の消毒剤(ハンドサニタイザー)を約18000本も買い占め、オークションサイトで高額で転売しようとした兄弟に非難が殺到、州司法長官が乗り出す事態となった。

アメリカ国内で初の新型コロナウイルスによる死者が確認された後の今月1日、テネシー州チャタヌーガ近郊に住むマット&ノア・コルヴィン兄弟がある動きを見せた。2人はSUVに乗り込むと、近隣の1ドルショップ「ダラー・ツリー」、スーパー「ウォルマート」、オフィス用品販売店「ステープルズ」、ホームセンター「ザ・ホーム・デポ」へと車を走らせたのだ。目的は手の消毒剤(ハンドサニタイザー)を買い占め、高額で転売することだった。

それから3日間、ノアさんはレンタル会社「U-ホール」のトラックで、テネシー州だけでなく北部に隣接するケンタッキー州にも足を延ばし、約2090キロ超(1300マイル)を走行、約18000本の消毒剤や除菌ウェットティッシュなどを買い占めた。一方のマットさんは「Amazon(アマゾン)」や「eBay(イーベイ)」で商品の転売準備を開始、300本が市場価格の倍以上の8ドル~70ドルで即完売となった。

しかしながら需要が高い衛生用品が高額で転売されたことに非難が殺到し、アマゾンはコルヴィン兄弟の商品の扱いを中止(後にアカウントは停止)、またイーベイにおいてはマスクや除菌製品などの国内での一切の販売を禁止するというさらに厳しい措置を打ち出した。大量の消毒剤の在庫を抱えたマットさんは14日、『New York Times』のインタビューに応じると「ビジネスチャンスだった。クレイジーなお金だよ。でも17700本の消毒剤が売れず困っている」と明かした。また「ケンタッキーのど田舎よりも、消毒剤を必要としている都市がたくさんある。消費者の需要に応えているだけで、自分がしていることは公共サービスだ」「自分は悪いことはしていない。謝ることでもない」などと訴え、怒りを買った。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。