パニック買い防止のため、デンマークのスーパーが考案「消毒剤を2本購入した場合は…」

パニック買い防止のため、デンマークのスーパーが考案「消毒剤を2本購入した場合は…」
パニック買いを防ぐためデンマークのスーパーが価格表示に工夫(画像は『Rasmus Vejbæk Zerr 2020年3月14日付Facebook「Vores nye prisstrategi på håndsprit betyder, at vi næsten havde til hele dagen.」』のスクリーンショット)
新型コロナウイルスの影響により、世界中でトイレットペーパーや食料品のパニック買いが止まらない状態だが、デンマークのあるスーパーマーケットではハンドサニタイザーのパニック買いを防止するために考案した方法が人々の称賛を集めている。『The Local Denmark』『New York Post』などが伝えた。

人々のパニック買いが問題となっている昨今、デンマークでは今月13日から数日間は消毒剤やトイレットペーパーなどを買い求める客で溢れかえっていたという。ほとんどのスーパーマーケットではハンドサニタイザーなどの消毒剤やトイレットペーパーが品薄の状態になってしまったようだ。

しかしノルウェーとデンマークを中心にチェーン展開しているスーパーマーケット「メニー(Meny)」のフランチャイズ店で、デンマークの首都コペンハーゲンの郊外にあるヘレルプ店は違ったようだ。同店は需要が高まると見込んでいたハンドサニタイザーの価格にちょっとした工夫をした。

通常1本40デンマーク・クローネ(約636円)のハンドサニタイザーを2本購入すると1本あたりの価格が1000デンマーク・クローネ(1万5900円)になり、通常の25倍もの価格になるのだ。2本のハンドサニタイザーに2000デンマーク・クローネ(約3万1800円)を支払ってまで購入する客はほぼいないだろう。

通常価格で一家族1本のみの購入という方法をとるスーパーマーケットもあるが、海外ではマナーの悪い客は2本以上レジに持ち込み、店員に怒りをぶつけてそのまま押し切って購入する客も珍しくない。だがこのような方法では手も足も出ないと思われる。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月23日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。