マドンナ「ウイルスの前では誰もが平等」 優雅なバスタイム動画に批判殺到

マドンナ「ウイルスの前では誰もが平等」 優雅なバスタイム動画に批判殺到
勘違いコメントに批判が殺到したマドンナ(画像は『Madonna 2020年3月11日付Instagram「Madame X Farewell Party...........:.」』のスクリーンショット)
米出身大御所シンガーのマドンナが、現地時間22日に公開した動画が「不適切」「大間違い」と猛バッシングを浴びた。この動画のなかでマドンナは「ウイルスの前では誰もが平等」「どんなに金持ちでも、有名であっても関係ない」などと発言。しかし世間のネガティブな反応を受けたマドンナは、Instagramから同動画の削除を余儀なくされてしまった。

“クイーン・オブ・ポップ”ことマドンナが、新型コロナウイルス(COVID-19)について、これまでコロコロと態度を変えてきた米トランプ大統領を皮肉る動画、その名も「WEEKS OF DOWNPLAYING(軽視発言の数週間)」を公開したのは今月19日のこと。2月末の段階ではCOVID-19の存在やそれが巻き起こした事態をまだ甘く見ていたトランプ大統領は、

「あと数日で感染者はゼロに近くなる。」
「奇跡が起こるように、このウイルスは消えてなくなる。」

などと発言していた。

しかし米ジョンズ・ホプキンス大学リサーチセンターが作成した感染データによれば、米西部時間24日午後4時現在の国内症例数は53660件にのぼっており、この数字は中国、イタリアに次いで3番目だ。先月にはまだ呑気に構えていたトランプ大統領も事の深刻さに態度を一変、その後米国では多くの州で外出禁止令が発令された。

マドンナは手のひらを返したように意見を変えるトランプ大統領を動画で皮肉っていたのだが、22日に新たな動画を公開すると、今度はマドンナ自身がバッシングの標的にされてしまった。マドンナは、バラの花びらが浮かぶ豪華な浴槽につかりバスタイムを満喫しながら、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)について、次のように独自の見解を述べたのだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。