水卜麻美アナ、辛かったのは『スッキリ』に移って1年間 加藤浩次の言葉が「人生変えてくれた」

水卜麻美アナ、辛かったのは『スッキリ』に移って1年間 加藤浩次の言葉が「人生変えてくれた」
『アナザースカイII』に局アナとして初ゲストの水卜麻美アナ (画像は『公式_ANOTHER SKY 2020年3月22日付Instagram「次回のゲストは、日本テレビ水卜麻美アナウンサーです。」』のスクリーンショット)
「好きな女性アナウンサー」ランキングで1位に5年連続輝き、殿堂入りしている日本テレビ水卜麻美アナウンサー(32)。お茶の間から高い支持を受けている水卜アナは入社から10年、ここまでアナウンサーとして順風満帆に見える。しかしそんな水卜アナにも辛かった時期があったそうだ。それはそれほど昔のことでなく、約2年半前から1年ほど続いたという。

27日放送の『アナザースカイII』(日本テレビ系)で、大好きなビートルズのゆかりの地イギリス・リバプールを訪れた水卜麻美アナウンサー。父親の影でビートルズの大ファンになったという水卜アナが同地に足を運ぶのは2年ぶりだ。小学校の卒業アルバムですでに「アナウンサーになりたい」と目標を掲げていた水卜アナが、日テレの最終試験の直前に「よし、大丈夫、大丈夫」と自身に言い聞かせる際に聞いたのも、ビートルズの『ヒア・カムズ・ザ・サン(Here Comes The Sun)』だったという。


かくして見事に日本テレビのアナウンサーとなり、2011年3月に入社1年目にして『ヒルナンデス!』MCに大抜擢、徐々に日テレの看板アナウンサーに成長していった水卜麻美アナだが、一番辛かった時期は2017年秋に6年半務めた『ヒルナンデス!』から『スッキリ』に異動してからの1年間だったという。

水卜アナは「もともと笑うこととか楽しい番組が大好きだったので、やっぱり世の中、嫌なこと悲しいことあるな…と結構引きずってしまって、お昼ぐらいまで『あぁ~、こういうのって無くならないよな…』」と嫌なニュースを扱う割合が『スッキリ』ではぐんと増えたことが原因だったと振り返る。それでも「『ヒルナンデス!』は笑って今日を楽しく生きよう、『スッキリ』は悲しいこともある、けど頑張って立ち直って今日を楽しく生きよう―と方向は同じなんだな」と気づいてからは、「(『スッキリ』でも)自分の感情に素直に、悲しいときは悲しい、でも後半はせっかくだから楽しもうって全力でできるようになって…少しずつですね」と前を向いた。

あわせて読みたい

水卜麻美のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「水卜麻美 + Instagram」のおすすめ記事

「水卜麻美 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「水卜麻美 + 横山裕」のおすすめ記事

「水卜麻美 + 横山裕」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「伊藤綾子」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤綾子」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 水卜麻美 Instagram
  2. 水卜麻美 フリー
  3. 水卜麻美 横山裕

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。