“ディーバ”マライア・キャリーが恋人の誕生日にケーキを手作り

マライア・キャリーの恋人ブライアン・タナカが37歳のバースデーを迎えた。自主隔離中の今年は、どうやらマライアのお手製ケーキで祝福したもよう。度々破局説が浮上した2人だが、Instagramには幸せそうなツーショットも公開されている。

マライア・キャリーが13歳年下のブライアン・タナカと初めて出会ったのは2006年、マライアの「Adventures of Mimi」ツアーにブライアンがバックダンサーとして参加した時だった。ブライアンはこれまでビヨンセリアーナといった一流アーティストのバックダンサーを務めた経歴があり、ダンス講師や振付師として活躍、2016年6月にマライアのクリエイティブディレクターに任命された。

仕事上のパートナーだったマライアとブライアンの関係がロマンスへと変化したのは、2016年10月にマライアが豪出身の大富豪ジェームズ・パッカー氏に婚約を解消された後のことであった。パッカー氏がマライアとブライアンの親密すぎる関係に嫉妬したことも婚約解消の理由の1つだったと言われている。当時ケガで休養中だったブライアンがマライアのラスベガスの公演会場に駆けつけた際には、そのことに激昂したパッカー氏がブライアンをカジノホテル「シーザーズ・パレス」から出禁にした、というのは有名な話だ。

超一流アーティストであるマライアと13歳年下のバックダンサーとの交際は当時、「婚約解消で傷心のマライアの単なる火遊び」「ブライアンはまるでヒモ」などと報じられ、その後はマライアの元夫ニック・キャノンに対するブライアンの嫉妬や金遣いの荒さが原因となり、あっけなく破局してしまった。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“ディーバ”マライア・キャリーが恋人の誕生日にケーキを手作り」の みんなの反応 1
  • カズ 通報

    彼氏の両親共に日系人なのに顔立ちがハーフぽい。 シアトルに住んで15年になる自分の友人もなんかアメリカみたいな顔立ちになってるしw 在日韓国人を観光できた韓国人は日本人だと思うらしい。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク