イースターのウサギに扮した医師「こんな時だからこそみんなを笑顔に」(米)<動画あり>

イースターのウサギに扮した医師「こんな時だからこそみんなを笑顔に」(米)<動画あり>
イースターバニーになって近所を回る医師(画像は『ABC News 2020年4月9日付「Doctor dresses up in bunny suit to spread Easter cheer」(Courtesy Taryn Scher)』のスクリーンショット)
イエス・キリストの復活を祝うキリスト教の行事「イースター(復活祭)」。今年は4月12日だったが、米サウスカロライナ州グリーンビルには、少しだけはやくイースターがやって来た。同地に住む医師が先月27日、イースターのシンボルであるウサギになって、2人の娘や近隣住民をサプライズ訪問したのだった。

日本人にはあまり馴染みがないが、イースター(復活祭)のシンボルになっているのは生命誕生の象徴である卵と、多産であるウサギである。そのためイースターが近くなると、卵をモチーフにしたカラフルなお菓子がスーパーに並ぶようになる。また一説ではイースター・バニー(ウサギ)がイースター前夜に卵を運んできて隠すとも言われており、子供たちはイースター当日に家の中や庭で卵を探す“エッグ・ハント”をして楽しむ習慣がある。

米サウスカロライナ州グリーンビルの住宅街に先月27日、このイースターバニーが突然現れ、自主隔離中の住民にたくさんの笑顔を届けたようだ。イースター・バニーに扮したのは、同州グリアにあるサイプレス内科(Cypress Internal Medicine)を経営する医師アダム・シェアさん(Adam Scher)で、この日は白衣を脱ぎ捨ててウサギに扮して近所を跳ね回った。

医師として10年以上のキャリアを持つアダムさんは、新型コロナウイルスの感染拡大でここ数週間は残業が続き、3歳と4歳の娘と過ごす時間も減っていた。しかし「年に一度のイースターには子供たちに楽しい思いをさせてあげたい」と、着ぐるみを着てイースター・バニーになることを思い立ったのだ。計画を進めるうちに妻から「どうせなら、我が家だけでなく近所にも幸せを届けたらどうかしら」と提案があり、アダムさんは時間をやりくりして一足早くイースターをお祝いすることにしたのだった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。