マイケル・ジャクソンの“片手手袋”、約1100万円で落札される

マイケル・ジャクソンの“片手手袋”、約1100万円で落札される
片手だけに手袋をはめていたマイケル・ジャクソン(画像は『Michael Jackson 2019年12月6日付Instagram「“I always want to do music that influences and inspires each generation. Let’s face it. Who wants mortality?”」』のスクリーンショット)
       
2009年6月25日、50歳という若さで他界した世界的人気ポップ・スターのマイケル・ジャクソン。亡くなって11年が経とうとしているが、彼の遺品のひとつとしてクリスタル・スタッズ付きの“片手手袋”が再びオークションにかけられた。個性的なファッションでも世界を魅了したマイケルだったが、この手袋は過去のパフォーマンス時に何度も着用された象徴的なアイテムとして知られている。1980年代に行われたワールドツアー『Bad』では「手袋を片手だけに着用するほうがイカしていると思うんだ。両手につけるのは普通過ぎる」と、あえて片手だけに着用する理由を言及していたほどだ。


このほどマイケル・ジャクソンの片手手袋が米テキサス州のオークションに出回り、85000ポンド(約1100万円)以上で落札されたことを英メディア『The Sun』などが報じた。手袋を買い取った匿名の人物曰く、1998年にUNICEF(国際連合児童基金)に寄付されたことを証明する手紙を受け取り、マイケルが設立した会社「MJJプロダクション」の封筒に入っていたという。

マイケルの手袋は以前にもオークションにかけられていた。2009年11月にニューヨークで開催されたマイケル他界直後の記念品オークションでは約70もの私物が出品されている。その中には初めて“ムーンウォーク”ステップを披露した時に着用していた手袋も競売にかけられ、香港出身のビジネスマンであるホフマン・マー氏によって350000ドル(約3700万円)という高額で落札され大きな話題となった。この記念品オークションでは手袋のほかにも『Bad』ツアー時に着用されたジャケットが225000ドル(約2400万円)、中折れハットが22000ドル(約230万円)という額で落札されている。これはエルヴィス・プレスリーや

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月16日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。