赤江珠緒と夫が新型コロナ陽性「子供は誰が…」に共感の声 幼子の親から切実な訴え「親子で共倒れするしかないのか」

赤江珠緒と夫が新型コロナ陽性「子供は誰が…」に共感の声 幼子の親から切実な訴え「親子で共倒れするしかないのか」
『赤江珠緒たまむすび』スタジオでの赤江珠緒(画像は『TBSラジオ「たまむすび」 2020年2月27日付Instagram「水曜日のスタジオ風景」』のスクリーンショット)
フリーアナウンサー赤江珠緒(45)が、18日にPCR検査で新型コロナウイルス陽性が判明したことを公表した。赤江アナの夫は15日に新型コロナウイルス陽性の結果を受けていたため、自身も感染したら娘の世話を誰に託せばいいのか懸念していたが、それが現実となった。これにネット上でも「コロナ怖いけど、何より本当に子供のことが心配」「親子で共倒れするしかないのだろうか?」など共感の声があふれている。

赤江珠緒アナの夫は、新型コロナウイルス治療中の富川悠太アナウンサーがメインキャスター(月~木曜日)を務める『報道ステーション』の制作スタッフだ。夫の症状が新型コロナウイルスに感染したケースとよく似ていることから、自身が月~木曜日でパーソナリティーを担当しているTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』に13日に電話出演した際「(夫は)かかってるんだろうな」と推測していた。

そして15日に夫が陽性と判明した後には、番組リスナーに宛ててA4の用紙5枚にわたる長文を手書きで寄せた赤江珠緒アナ。そこには実体験から共有して欲しい情報や思いが綴られていたが、そこに「事前にできる準備」の1つとして書かれていたのが“夫婦ともに感染した場合、2歳の娘は誰が世話をするのか”という問題だ。赤江アナは「我が家の場合は親が共倒れになった場合、子供の面倒は誰がみるのかという問題があります。共に陽性だった場合、母子ともに同室だそうですが、40℃近い熱の上がり下がりでオムツを換えたり、具合が悪くなく遊び回りたい、まだ病気のことなど理解できない子供と同室で果たして療養できるのだろうか。これに関しては情報もなく、まだ解決策も思いついていません。夫と私の発症のピークが、せめてずれることを願うばかりです。」と切実な胸のうちを明かしていた。18日の赤江珠緒アナからの報告によると娘は陰性で、自宅で療養中だという。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フリーアナウンサー」に関する記事

「フリーアナウンサー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フリーアナウンサー」の記事

次に読みたい「フリーアナウンサー」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. フリーアナウンサー 川田裕美

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。