オバマ元大統領がドキュメンタリー番組に「元シカゴ住民」役で出演 オバマファンから批判殺到
拡大する(全1枚)
バラク・オバマ氏の役柄に支持者達は…
バラク・オバマ元大統領(58)が、元バスケットボール選手マイケル・ジョーダン(57)のドキュメンタリー番組にサプライズで出演した。現地時間4月19日から放送を開始した番組『The Last Dance』は、1990年代にマイケル・ジョーダンが所属したチーム「シカゴ・ブルズ」に焦点をあてたストーリーである。オバマ氏は同番組に「元シカゴ住民」という立場で登場しているが、オバマ支持者達はこの役柄に違和感を覚えたようで、Twitterには批判的な声が殺到している。

確かにバラク・オバマ氏はかつてシカゴに在住していたことがある。しかし熱狂的なオバマファン達にとって、尊敬する偉大なオバマ元大統領がただの「元シカゴ住民」という役柄で番組に出演したことに納得がいかないようだ。

「一体だれがどうやって、オバマ元大統領に『元シカゴ住民』という役を与えたのか説明が欲しい。」
「オバマ氏に『元シカゴ住民』という字幕を添えた人にぜひお目にかかりたいたいね。」
「バラク・オバマ氏をただの『元シカゴ住民』と表現するのは…なんとも面白い。」

といった皮肉交じりのツイートが数多く見受けられた。

一方の「元住民」役を担ったオバマ氏本人はシカゴ・ブルズの一ファンとしてマイケル・ジョーダンがシカゴにもたらした影響を、インタビューで次のように語っている。

「マイケルが街にやってきた時、ブルズの試合観戦チケットを買うお金がなかったんだ。」
「僕は本当に金欠で、ディスカウントチケットさえ手に入れられなかった。でも突然マイケルはスポーツ界の英雄となり、みんなが集まってくるような場所としてシカゴの地名を地図に残した。」