新型コロナ対策で刑務所から釈放された男、数日後に9歳の娘を殺害(トルコ)

新型コロナ対策で刑務所から釈放された男、数日後に9歳の娘を殺害(トルコ)
釈放の数日後に娘を殺害した男(画像は『The Sun 2020年4月22日付「FREED TO KILL Dad ‘murders nine-year-old daughter’ just days after being released from prison in a coronavirus amnesty」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット)
新型コロナウイルスの影響下で一部の国では刑務所内での感染を危惧し、受刑者の一時釈放や刑期の短縮が行われている。このほどトルコで、この制度によって刑務所から釈放された男が、数日後に自分の娘を殴り殺すという惨劇が起きた。これにより受刑者の早期釈放に人々が警鐘を鳴らしている。『The Sun』『Mirror』などが伝えた。

トルコ政府は刑務所内で新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受け、感染拡大の予防措置として今月15日から一部の受刑者の釈放を開始した。しかしこの制度によって釈放されたミュスリュム・アスラン(Muslum Aslan、33)は、釈放された数日後に幼い娘の命を奪った。


ミュスリュムは昨年、妻のルキエ・アスランさん(Rukiye Aslan)を刃物で刺したことにより収監されていた。ルキエさんは幸いにも命に別状はなく、のちに離婚を申し立て、娘1人や息子2人と一緒に暮らしていた。ところが釈放されたミュスリュムは数日後にルキエさんの自宅にやって来て、子供達を連れ去ろうとした。

ミュスリュムとルキエさんは口論になり、以前から子供達に暴力を振るっていたミュスリュムは怒りの矛先を9歳の娘セイランちゃん(Ceylan)に向けたようだ。そしてセイランちゃんの腕を掴んで吊るし上げ、壁に押さえつけたまま、ホースなどで殴り続けた。

ミュスリュムは流血してグッタリしたセイランちゃんを床に降ろすと、2人の息子を連れ去ることなくタクシーで逃走した。ルキエさんはすぐに警察に通報し、セイランちゃんは病院へと救急搬送されたが、大怪我をしたセイランちゃんはそのまま息を引き取ってしまった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新型コロナ対策で刑務所から釈放された男、数日後に9歳の娘を殺害(トルコ)」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    「SUN」ってセンセーショナルな嘘記事を書く媒体だよ。日本で言うと夕刊フジとか文春みたいなもの。

    0
  • 匿名さん 通報

    Techinsightって裏を取ってないだろ。垂れ流し。

    0
  • 匿名さん 通報

    何だ、コメキチと同じじゃん。フジと文春は除いてな。

    0
  • 匿名さん 通報

    じゃあこの事件は嘘ってことなの? それはないでしょ。

    0
  • 匿名さん 通報

    あれ?コメキチってやっぱり嘘付きだったんだね。この記事はどうか知らんけどな。w

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。